« 東北シリーズ  第一弾 | トップページ | 東北シリーズ  第三弾 »

2006年8月16日 (水)

東北シリーズ  第二弾

          P1000719_2
国民休暇村 網張荘 、夕食は和・洋・中 Desert付きの種類の多いバイキングスタイル。

食べる事には、目が無いジィ~ジ際限なく、目一杯色んなものをchoice。通常の客の軽く2倍は、腹に入れたことでしょう。

温泉は、泉質も良く、<これぞ温泉>って感じ。食前食後2回も入浴しました。

どうやら、翌日の天気も良さそうな具合なので、安心して床に就きました。

今回の目標の山は、 岩手山(2,038m.)なのです。

宿泊地を網張に選択したのは、、エリアマップを元に、

網張温泉(リフト)→犬倉分岐→姥倉分岐→切通し→鬼ヶ城→不動平→山頂

登り所要時間4時間強のコースだったのですが…

前日チェックインの時、フロントで、「リフト始発は、何時ですか?」
フロントマン 「7月は運行は、土・日だけですよ!!」
ジィ~ジ 「エッ・・地図には6月中旬から10月中旬までと書いて有るけど…」
      「運行してくれないかな~!!」

無論無理に決まってます。

ジィ~ジ  「じゃ~他にお薦めコースは何処でしょう?」
フロントマン 「馬反しがいいです。花は多いし、登りは旧道、下りは新道を使えば、もし雨が降ってもあまり濡れないだろうから…。自分は登りは、走って2時間40分ほどです。」

仕方有りません。フロントマンの言に従う事にしました。

朝食、そしてチェックアウトを済ませ、樹林帯の中に切られた快適な道を、馬反しに向かって進みます。

     P1000720
越後新潟では、見られない風景、牛が牧草を食んでます。
     P1000724
別名、南部富士、(場所に依っては南部片富士)コニーデ型火山の素晴しい姿に圧倒されます。

啄木をして
『ふるさとの山に向いて言うことなし。ふるさとの山は有りがたきかな』

また 彼の宮沢賢治も登頂したとか…

登る前から、何と無くそれらの意味合い・雰囲気を、感じさせられます。

岩手、盛岡=ぼんいぢさん&会長さん が直ぐ浮かんできます。

是非ともお目に懸かりたかったのですが、我暇人チームと異なり、所詮 野暮な期待なので、堪えました。

車は自衛隊の演習場の脇を、真直ぐに登山口に向かいます。

広大な、岩手山山頂を望む駐車場には、20~30台の車が止めて有ります。

我等も、空いているスペースに車を停め、出発準備をしていたところ、隣の車の地元の方が、「そこは停めないほうがいいですよ!!」
「出口に近いので、車上盗が一番狙う場所なんですよ。」

成る程、草の上には、硝子の破片が沢山散らばっています。

有り難いADVICEで、車を移動し、愈々登り始めることに…

    7月27日(木)

6:50 登山口 スタート

歩き始めて直ぐ、ふんだんにあふれ出る鬼又清水、綺麗なさわやかトイレ、そしてモニュメントがたっています。

ミズナラとブナ混じりの緩い登りが続きます。

7:22 一合目
    P1000730

広い台地となっており、新道との合流点である。
標高 910m.

7:45 二.五合目

旧道・新道の分岐点です。右は新道、左は旧道。
我々、登りは旧道を利用します。

傾斜は、少し急登となり、露岩の登山道となりますが、視界も開け、また足元には、何種類かの花々が顔を出します。
 P1000737 P1000738
9:00‐9:15 六合目先

P1000749 ユックリ休憩、コーヒータイム
左側は溶岩流の砂礫。






9:32 七合目

目の前には、岩手山山頂が、そしてここまで来れば、傾斜は緩やかになります。
道の両側には、苧環やトウゲブキ等が、盛りのようです。八合目避難小屋も目前。
P1000753 P1000754

9:50‐10:00 八合目避難小屋
    
P1000760
バイオトイレ併設、前には、冷たく旨い御成清水が有ります。
沢山のハイカーが休んでいます。
避難小屋は、大きく設備も整い、管理人さんによって綺麗に保たれています。

10:20 九合目 不動平 
    
P1000767
不動平の避難小屋も素晴しく立派。周りにベンチも数多く置かれています。
バックは、鬼ヶ城方面。

ここからは、お鉢に向かい、火山礫のゴロゴロした岩場とザレ場を登ります。
砂礫の中にコマクサやイワブクロが一杯点在してます。
コマクサは少し、時期的には終わり際??

11:00‐11:15 山頂 薬師岳
お鉢を、時計回りに進みます。
細かい火山礫の彼方此方に、イワウメやコマクサの株が見られます。
63基を数えると言う観音像、そして前日の八幡平や、秋田駒ケ岳も展望できます。
360°遮るもの有りません。
焼走りコースと合流し、薬師岳山頂となります。
  P1000771 P1000772
  P1000775 P1000781

記念写真撮ったりして、そのままお鉢を回ります。
中央火口丘の妙高山そして火口源の御室付近では、まだ硫気活動が見受けられます。
砂礫の中には、コマクサ、コマクサ、コマクサ…
  P1000786 P1000788
  P1000768 P1000785

12:00‐12:40 八合目避難小屋
九合目で、朝、車上盗のADVICEをしてくれた、現地登山ガイドさんが、お客さんを連れて登ってきました。
朝のお礼を、一言。。下りは焼走りを案内されるそうです。

持参のトマトを冷たい水で冷やし、マッタリと小屋の前のベンチでお昼を摂ります。
山頂を眺め、周辺の花々を愛で、大休憩です。

好天の下、たっぷりと初めての岩手山を堪能し、戻ることにします。

七合目からは、新道を下ります。結構歩き辛い、樹林帯に囲まれた、あまり変化の無い道を辿ります。
六合目以外は、沢一つ隔てて、新・旧連絡道がつけられてます。

14:50 登山口 着
幸いにして、天気にも恵まれ、始めての岩手山存分に楽しむ事が出来ました。
鬼又清水で、手足をや顔を洗います。気持ちの良いこと!!

岩手山で見た花達
   P1000732 P1000733
   P1000736 P1000740
   P1000742 P1000743
   P1000744 P1000746
   P1000747 P1000757
   P1000762 P1000766
   P1000765 P1000795
   
私見
小生の住む越後では見られぬ山容.。有史以来数多くの噴火を繰り返し、近年では1998年の噴火で、入山禁止、平成16年7月1日から解除になり、再び多くの登山者を集めているが、始めてきてみて、姿・形の流麗さ、そして固有種を始め、花の種類の多いこと。山頂からの展望etc、そして山の名が県名であるのは、47都道府県で唯一、歩行時間も含め、何から何まで一級品と感じました。他にコースも幾つも有り、裏岩手縦走も含め、何時の時期かにまた訪れたいとの思いを強くしました。始めて来たのに魅せられてしまいました。更に岩手の山の何れも、避難小屋が素晴しいのには、驚きました。

     P1000763_1

満たされた気分で、車は、一路東北道を南下します。

           明日も続くのです・・・・     
    

|

« 東北シリーズ  第一弾 | トップページ | 東北シリーズ  第三弾 »

登山」カテゴリの記事

コメント

しげぞう さま
コマクサは、地元ガイド氏の弁に依れば、焼走りの方が、多いとの事でした。始めて岩手山に登って見ましたが、また別コース歩いてみたいと思わせる魅力満載の山ですネ!!
各地の知らないところ出かけると発見・感動がてんこ盛り。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月24日 (木) 14:24

岩手山、めっちゃお天気よかったんですね!はあ~羨ましい~~~コマクサもまだ咲いていたんですね☆ほーんとにいっぱい咲いてますよね。焼走りの方もありえないくらい咲いてましたヨ(笑)。
それと八合目避難小屋ってこんなにでっかいんですか!?びっくりしちゃいました。避難小屋の域を超えているような・・・。
晴れのときにまたリベンジせねばと思いました。

投稿: しげぞう | 2006年8月22日 (火) 08:04

まゆ太 さま
comment有難うございます。
岩手山の現地ガイドの説に依れば、コマクサは、焼走りの方が
多いようです。ただ火山礫が細かく、歩き辛いようですね!!
今日明日は、身体休めてください。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月19日 (土) 20:08

輝ジィ~ジさま、こんばんわ。
東北に行かれていたのですね~。
岩手山、ちょうど1年前に登りました。
わたしは焼走りから登ったので、こんなにたくさんお花は咲いてなかったような・・・。馬返しからの方がよさそうですね。
お天気に恵まれてよかったですね~♪

投稿: まゆ太 | 2006年8月19日 (土) 19:45

穂高&Kさま
comment有難うございます。
凄いコースの縦走成し遂げられて様で…
軟弱ジィ~ジチームでは、とても太刀打ちできません。
この2週間全く山とは無縁で、些か欲求不満がつのりました。
おまけに新潟の今年の夏、異常に暑い暑い
涼しい山いきた~い!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月19日 (土) 13:58

お天気が良くて最高でしたね。
後方羊蹄山で出来なかったお鉢廻りが出来て良かったですね。
我等が行ったときは、8合目避難小屋辺りからガスが出てきて、お鉢は何も見えませんでしたが、イワブクロの花が満開だったことが印象的でした。
我らは今回は南アルプス白根南嶺(大門沢→広河内岳→大籠岳→白河内岳→笹山→伝付)に行ってきました。いつも適切なアドバイスをいただけるO夫妻から情報とアドバイスを頂き無事縦走してまいりました。

投稿: 穂高&K | 2006年8月19日 (土) 12:31

まろんさま
comment有難うございます。
一日違いで、今流行のバッタリでしたねぇ、残念無念。
お会いしたかったですが…28日我チームは、ご多分に漏れず
早池峰山でした。天気はぎりぎりセーフでした。
次のご予定は??何処かでバッタリ!!なぁ~んてネ。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月18日 (金) 15:55

輝ジィ~ジさんは7月27日でしたか。天気良かったんですね。私は前日(26日)に岩手山で、同じく馬返しからピストンしました。山頂はガスで強風が吹きまくってましたがコマクサはシッカと見て来ましたよ。写真のの展望も期待していたのですが。。。避難小屋の管理人に「また来る」と言うと「何回でも来なさい!」って言われる始末。>ごもっとも!
27日は早池峰から雲の上に頭を出した岩手山を眺めてました。

投稿: まろん | 2006年8月18日 (金) 13:53

ぼんいぢさま
お目にかかりたかったのですよ!!
comment、TB感謝します。
何処にも悪い奴いますよ。ですが岩手県民親切でしたよ。
越後新潟、火打山の麓に牧場有りますが、岩手の比では、
有りません。代わりに水田の平野は、広いです。
もし、まだ来られた事なければ、是非 お二人でお越し下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月18日 (金) 07:18

赤鬼 さま
小生も岩手山フアンになりました。コース幾つも有るので、
一緒に行きましょう。温泉セットでね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月18日 (金) 07:09

トラックバックありがとう御座います。
お天気に恵まれて良かったですねぇ。
岩手山は、我が家から真北に見えます。
仕事の手が空くと、無意識に眺めています。
ちょうど、11:00前後は、仕事の区切りの時間帯なので、
山頂を眺めていたと思います。
分かっていたら、望遠鏡で覗いたのに。
って、そこまでの倍率じゃないです。
ところで、新潟って牧場ないんですか?
それ意外でした。
また、車上あらしのこと知りませんでした。
おなじ、岩手県民としてお恥ずかしいかぎりです。

投稿: ぼんいぢ | 2006年8月17日 (木) 21:36

懐かしい。おいらの行ったのは、噴火前で翌年噴火で登山
禁止。コマクサと馬鹿でかいシラネアオイ、サンカヨウに
びっくり。花が豊富だよねえ。おいらが登ったのは、焼走
からピストン。今度は縦走したいものじゃ。

投稿: 赤鬼 | 2006年8月17日 (木) 06:46

おはようございます。
>フラッシュカードを落としてきてしまい、ショックで、
どうして落ちたんだろう?何れにせよ、良く気持ち分かります。
小生は、あの写真撮り忘れたとか、後悔に暇有りません。
「八甲田・八幡平・岩手山」早速拝見しました。
温泉巡り興味大なり・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月17日 (木) 06:33

懐かしい、八幡平、岩手山の風景です。
2002年10月紅葉真っ盛りの頃に行きました。

私は南アルプス「聖岳~光岳」縦走してきました。
が、大切な2日間の記録を残したカメラのフラッシュカードを落としてきてしまい、ショックで、
何も書く気になれない(ーー;)

http://www5e.biglobe.ne.jp/~noritan/yama22.htm#hakkouda

「八甲田・八幡平・岩手山」一人で行った時の記録です。

投稿: noritan | 2006年8月17日 (木) 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/11427058

この記事へのトラックバック一覧です: 東北シリーズ  第二弾:

» 【岩手山】初モノづくし。 前編(2006.7.16-17) [山歩き、大好き]
今回の岩手山(2038.2)山行はボクにとって初体験の事柄が多かった。 何より一番の“初めて”は、小屋泊。 小屋とはいえ、山の中で泊まるなんて・・・・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 21:37

» 岩手山 山行記録 [山オンナ α]
◆ まえがき ◆ 東北遠征も後半戦の4日目。 今日は特別ゲスト・りょーちんを招い [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 18:02

« 東北シリーズ  第一弾 | トップページ | 東北シリーズ  第三弾 »