« 北の大地へ  不完全燃焼 編 | トップページ | 東北シリーズ  第二弾 »

2006年8月 9日 (水)

東北シリーズ  第一弾

     P1000650_2

環境汚染に依る温暖化が原因か?甚大な被害をもたらした長梅雨、そして明けた途端に連日の熱波。この先が何が起こるか?空恐ろしさ覚えます。

7月も末になれば、夏山シーズン本格・・・第一弾は、北岳から塩見岳そして蝙蝠岳(2,865m.)と、何時も一緒のO夫妻と計画していました。

ところが、一向に梅雨が明けません。
さて 如何する? 行き先変更しか、手立て有りません。

比較的 降っていないところ・・そうだ!!
TiCAさんやしげぞうさん、そしてsanaeさん の各チームが挙って出掛けた東北の山にしよう!!。

越後新潟からは、意外と東北は遠いのです。
月山は数度、鳥海山も経験有りますが、後は焼石、栗駒程度、他は殆ど未知の世界なのです。

7月26日(水) 曇り

5時50分、新日本海フェリー あざれあ 秋田港に接岸。

本日のROUTE
秋田港ーR13ーR46ー角館・・角館街道・・田沢ーR431・・(玉川温泉)・・ー赤川温泉→アスピーテラインへ
   そうです八幡平なのです。

まさか八幡平頂上Pから山頂往復では,あまりにも芸が無さ過ぎ。

今回コースは
茶臼岳登山口P・・・茶臼岳・・・黒谷湿原・・・八幡平頂上 の(往復)です。
エリアマップで往復歩行時間4時間20分。。の計画です。

途中で朝食を採り、秋田港から約3時間一寸で、八幡平頂上Pです。ところがアスピーテライン入ってからガスが立ち込め、行く手を妨げます〝困ったな!!嫌だな~〟と思いながらも、茶臼山登山口Pに着く頃、風が出てきて、幸いにも一瞬にしてガスが切れます。

駐車場スペースは、最後の一台(ラッキー)

  (写真は、全てクリック拡大)

9:50 茶臼山登山口
  P1000654 P1000655
         Pと登山口の標識
     P1000657
緩い階段、木道をユックリと…茶臼岳に向かって

  P1000658 P1000660
登山道の脇に咲く花…

10:30‐10:50 茶臼岳 (1,578m.)
    P1000667
茶臼岳からガスが罹った岩手山が見えます。

岩混じりの少し歩き辛い道を、黒谷地湿原に向かいます。
登山道の両側は、まだ石楠花の最盛期です。
  P1000677 P1000675
11:20ー11:35 黒谷地湿原
アスピーテラインから15分程の距離。観光客のおばさん達も大勢です。
丁度、キスゲとワタスゲの花盛り・・・ お花見タイム
    P1000678
  P1000686 P1000682
先へ進めば、またまた足元や両側には、花々が切れ間無し。

  Photo P1000688

やがて源太森、そして湿原の木道が敷かれ、ハイキング・観光客が行き交います。
ワタスゲが一面に風に揺られています。八幡沼の一角も顔を出します。

    P1000694
    P1000693

12:40-12:45 八幡平山頂
  P1000701 P1000702
12:55-13:20 お昼タイム

風が少し出てきたので、八幡沼の脇のベンチで簡単なお昼。周りには、老老男女 で一杯です。沼と相対する原には、ヒナザクラの群生。
  P1000698 P1000703
お昼を終えて、後は、花を愛でながらユックリと元へ戻ります。

避難小屋陵雲荘の裏には、
      P1000706
       八幡大神の石碑が…
風に吹かれる、ワタスゲの広大な湿原の木道を気持ち良く歩きます。

    P1000709
        八幡だ~
陵雲荘そして茶臼岳避難小屋 バイオトイレ付きの吃驚する位の建物。こんな綺麗な避難小屋あまり見たことが無く、お金をかけていることに感心。
       P1000715
           茶臼岳避難小屋
冬季のスキー客や登山者の為、高床式になっています。

今回も、思いがけず色とりどりの花を堪能することが出来ました。
   P1000696 P1000697 P1000665
   P1000705 P1000700 P1000714_1

    P1000661_1 P1000716_1

15:05 茶臼岳登山口 着。

マッタリ気分で、ユックリお花見山行を充分楽しむ事が出来ました。
平日でも、沢山のハイカーが訪れる訳が何と無く分かります。
危険箇所も無く、ルートも多岐、花有り、沼(火口湖)有り、湿原有り、更に展望も…
もっと年を重ねても、健康であれば、また来れるかな!!

靴履き代え、車は次の目的地 網張温泉に向かいます。

    また 続きます。。。

残念だったこと
 時間的余裕が無く、途中の 玉川温泉そして後生掛温泉に立ち寄れなかった。次回の東北遠征は、温泉の梯子を企画してみたい。。そうそう角館も立ち寄りた~い。
 

 

 

|

« 北の大地へ  不完全燃焼 編 | トップページ | 東北シリーズ  第二弾 »

登山」カテゴリの記事

コメント

ラスト1の、しげぞうさま
commentお返事遅くなりました。
貴女のレポ極めて参考になりました。(感謝)
さて、青森の山行った事が有りませんが、そうですか青森も…
避難小屋綺麗だと、利用する人も綺麗に使いますよね!
ジィ~ジも、しげぞうさんチームの図式に大納得です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月24日 (木) 14:17

じぃ~じさん、こんにちは。今ごろ東北レポートを拝見させていただいています(遅っ!)。
八幡平、私が歩いた海の日連休にはキスゲはほとんど咲いていませんでした。いっぱい咲いていてよかったですね☆
あと、茶臼の避難小屋、きれいですよねえ!この先岩手山までの縦走路上の避難小屋もめっちゃきれいで、以前登った秋田駒も立派な避難小屋がたっていました。私たちの中ではスッカリ「北東北=避難小屋がきれい」という図式になっています。そういえば八甲田の小屋もきれいだった!営業小屋がない分、力を入れて整備をしているのでしょうかねえ!?不思議です。

投稿: しげぞう | 2006年8月22日 (火) 07:58

TiCA さま
ジィ~ジは、別に!!大歓迎ですから・・・
気にしないで宜しいかと、思いますが。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月19日 (土) 16:38

ぎゃー!!
なんかあたし、違う記事をTBしてしまったようで!!
すいません、削除してください~。
今からもう一度TBやり直します。

あーほんとバカ。ごめんなさい。

投稿: TiCA | 2006年8月19日 (土) 15:29

tomomiさま
おはようございます。静かな山楽しめたようでよかったですね。
八幡平単独では、歩行時間から見て、物足りないかも知れません。でもファミリーハイkングや、山をこれから始める人には、いいですね。貴女方は、スキーされるので、冬の八幡平経験おありでは?花は、多いですね。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月16日 (水) 05:57

あぁ、いいですね、八幡平。
友人が冬にここに入りびたりで、たいそう良い話を聞いていたんで、ぜひ行ってみたいのですよ。

お花ももりだくさん。心がやすまりますね(^^)

投稿: tomomi | 2006年8月15日 (火) 23:21

もうぞうさま
新潟秋田航路意外と山で利用する車少ないようでした。
定期的な大型コンテナが収益源かもしれません。
12時出航の5時着ですから睡眠時間ちと少ないですね!
でも、比較的安い。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月14日 (月) 07:44

この秋田に泊まるフェリー、東北の山で活躍しそうですよね。
でもまだ乗ったことがありません。

投稿: もうぞう | 2006年8月13日 (日) 19:40

TiCAさま
人気ブロガーのcomment多謝です。
返す返すも温泉残念でした。いつか温泉主体の旅を企画したいと思います。TB待ってます。
何処かで、何時かTiCAさん&Y棒氏とバッタリしたいものですが…
次は、何時何処だろう??

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月13日 (日) 16:30

ジィ~ジさんこんにちは。
私もちょうど今八幡平のレポートを書いているところです。
(UPしたらトラバさせていただきますね。)

私は茶臼には行かなかったんですけど、
かわりに後生掛温泉も玉川温泉も行っちゃいました♪
あとちょっと時期がずれていたらバッタリでしたね~。

投稿: TiCA | 2006年8月13日 (日) 15:30

赤鬼さま
花に感激した事と、避難小屋が何処もあんまり立派なので吃驚でした。温泉巡り青森含め、是非やろうね!!
口きいて貰わないと困るし…(笑い)
正直行きたい。地の旨い物も食いたい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月13日 (日) 07:17

貴方達にとっては、八幡平じゃ茶臼岳に登っても、物足りなかったんでは。あと何処に行ったのか、その2に期待。
温泉めぐり行く時おいらに声を掛けないと、一生口きかねえぞ。

投稿: 赤鬼 | 2006年8月13日 (日) 06:46

山いろいろさま
まさにその通り、近々貴殿に東北地方の名だたる温泉是非
案内して貰いたく思います。(これ マジ)
娘が、自宅で幼児の英語塾≪ラボパーティ≫をひらいていて
その全国組織の集まりが、信州黒姫のラボランドと言うところで
有り、送ってくれと頼まれ、その序でにカミサンと、親不知で車中泊、今日は、兄貴と親父の墓掃除で、今帰宅したばかりです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月12日 (土) 21:22

このコースに来て玉川温泉に寄らないなんて・・・信じられな~い!。(笑い)
一気に八幡平まで走ったのね。MOTTAINAI!。

投稿: 山いろいろ | 2006年8月11日 (金) 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/11357398

この記事へのトラックバック一覧です: 東北シリーズ  第一弾:

» もう一つのキリ番のゆくえ [山オンナ α]
※まずはぜひ前回の記事を先にご覧下さい→コチラ 信じられない展開を迎えた◆真夏の [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 18:05

» 八幡平 山行記録 [山オンナ α]
◆ まえがき ◆ のんびり東北遠征も折り返しの3日目。 この日は終日曇り空だった [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 15:30

« 北の大地へ  不完全燃焼 編 | トップページ | 東北シリーズ  第二弾 »