« 光岳~聖岳へ (前編) | トップページ | 光岳~聖岳へ (後編) »

2006年8月29日 (火)

光岳~聖岳へ (中編)

前線通過したのか?雨音止み、窓越しに夜空を見ると、
キラキラと、星が輝いてます。

好天の期待 大??

8月22日(火) 曇

8月も下旬近く、さらに近頃の世界規模での異常気象・・・
なかなか期待通りには行きません。 シッカリ雲が下りてます。

天気が良ければ、テントサイトから富士山も見えるらしいですが。。。

5時過ぎ、朝食です。

岩○元○さん達は、今日の予定、茶臼小屋とのことです。

我々二人は、聖平小屋まで。参考コースタイム約9時間の長丁場です。

  * (写真は全てクリック拡大)

5:50 光小屋 出発

聖岳方向へ向かうには、小屋から易老岳分岐まで、前日の道を戻らねばなりません。

眺望が得られないので、イザルヶ岳は立ち寄りません。

三吉平と易老分岐の中間付近に、携帯電話通信可の標識設置されてます。
(近年携帯が通信手段の主流だからでしょうか?)
    P1010141
このスポットからは、恵那山など中央アルプスも見えるらしいのですが…

7:35‐7:43 易老岳
    P1010143

三角点と、一寸しょぼい山頂標識。

ここから前日の道と別れ、希望峰(ネーミングの由来?)へ向かいます。
途中何組かの茶臼小屋からの人達とすれ違います。

足元には、何種類かの花々も見られます。
   P1010144 P1010146_1 P1010147

殆ど起伏の無い平坦なカンバ樹林帯の道を進み、
コルから少し登りで、希望峰、(仁田岳分岐)へでます。
9:15‐9:35 希望峰

折角なので、ハイマツで覆われた仁田岳へ向かって数分進んで見ました。
しかしガスが出てきて、どうせ山頂へ行っても眺望得られません。
途中で引き返しです。
   P1010149 P1010150
      希望峰        ガスの仁田岳途中

やがて前方に茶臼岳が薄っすらと見え、それに向かい歩き始めます。

光岳がハイマツの南限とのことですが、一面のハイマツ地帯の気持ちの良い登山道を進むのです。

  P1010152 P1010156
途中、それ程綺麗でもない、仁田池も有ります。

暫くすると2羽の雷鳥さんが、お出迎え・・・
      P1010159

やがて、立派な標識がおかれた茶臼岳に到着。

10:18‐10:25 茶臼岳
  P1010160 P1010162 

茶臼小屋からのパーティも何組か…

ハイマツとガレ場のなだらかな大地を少し下ると、
茶臼小屋分岐標識が設けられています。

更に、広いガレ場を下っていくと…

    P1010165

  ハイジの丘 まで1~2分の標識。
(VIEW POINTのようですが、眺望期待できずパス)
  でも 何で どうして ハイジ???

やがてガラリと雰囲気変わり、またまた前日同様の亀甲状土の広い台地が現れ、
行く手に上河内岳も凛々しく聳えています。

誰もいない広い草原台地で、簡単なお昼とします。

   P1010167
暫く休んでいたところ、急にガスが押し寄せ、今にも振り出しそうな塩梅に・・

お昼を早々に切り上げ、再び歩き始めます。

樹林帯に変わり、足元には、色とりどりの花々。

  P1010169 P1010173 P1010170

ダケカンバの樹林帯を抜けると、

   P1010172
   奇岩 竹内門  奇妙な岩肌です。

少しガスも切れ、上河内岳も目前に…

12:00‐12:30 上河内岳 肩

折角来たので、展望利かずとも、山頂直ぐ、 ピークを踏まねば・・・

  P1010175 P1010176
上河内岳(2,803m.)

ホンとは、ホンとは 
赤石岳・悪沢岳とか聖岳とがドッカ~ン
 とでてる筈なんですが、、

上河内岳肩から再び歩き始め暫くして、ガスが雨を呼び、嫌々ながら雨具上着を身に着けざるを得ません。ズボンは濡れても まぁ~いいかっ!

10分程で小止みになり、雨具は何時でも取り出せれるようザックカバーの下にしまいます。

南岳(2,702m.)までの間は、お花が一杯咲いてます。
  P1010177 P1010182 P1010180
  P1010181 P1010184 P1010186
  P1010179 P1010187 P1010188
花たちの写真撮っていると、足が止まってしまいスピード乗りません。
大幅ペースダウンになります。

   P1010189

南岳ピーク この先は、樹林帯の長い長い下りが続きます。

小屋が近いと思う分、疲れが嫌気さえ伴ってきます。

変化の無い下り、時間的にもう着く筈だ!!

やっとやっと、草原の木道が現れ、建築現場の作業音が聞こえ、人々の声も聞こえます。

14:10 聖平小屋到着。

     P1010190

行動時間約8時間20分 結構長く、堪えました。

宿泊手続きをすると、同時にお茶とクッキーが別の従業員からサービス。
(地元拘りで、地元のお茶とお茶入り聖刻印入りクッキー)

疲れた身体には、ありがたい。。

平日に関わらず、彼方此方からのルートで既に1階の部屋はほぼ埋まっています。

光岳からは、我々だけの様子です。

テン場には、数張りのテントが張られてます。

3時すぎから雨が降り出し、それも相当な勢いで…
やむ気配も有りません。

5時近くまで、ずぶ濡れで着く登山者も何人かいましたが、

夕食前に、ある程度宿泊人数が読めたのか?希望者に2階を開放。

我々二人も2階へ上がります。
埼玉の同年輩のご夫妻と、ひと区切りスペースを4人で占拠。
贅沢極まりない広さです。

夕食は、地元食材定番のアマゴのから揚げとトン汁がメイン。

前夜 殆ど眠れなかったせいか?珍しく ストンと眠りに落ちました。

 雨は降り続いています。

                     後編に 続く。

   

|

« 光岳~聖岳へ (前編) | トップページ | 光岳~聖岳へ (後編) »

登山」カテゴリの記事

コメント

tomomiさま
comment有難うございます。
南アは新潟からは結構遠距離です。そして奥深さを
感じさせてくれますよね!!
お二人様も魅力満載のコース縦走されよかったですね。。
お次は、ドチラへお出かけでしょう?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月30日 (水) 19:54

こんにちは。
このルート、去年歩こうかどうしようか悩んだところです。
今年も、何度か候補に上がりつつもいつもはずれてしまっているんですよ(^_^;)

長いコース、お疲れ様です。
お花や景色にみとれて、なかなか歩けないことってよくありますよね。
私もしょっちゅうです・・・

続きが楽しみです。
特に、聖岳は曇りの中歩いたので、どんなだったのか期待してしまいます~(^^)

投稿: tomomi | 2006年8月30日 (水) 19:13

山いろいろ さま
腰痛まだ治りませんか?一緒に何処か行きたかったのですが、
南アは遠いし、奥が深く北アと違う味わい有りました。
只、今回は展望が得られなかった事が心残りでした。
東北の温泉でも養生に行きましょうか?!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月30日 (水) 19:11

なかなか良い山行を楽しまれたようで、なによりでした。
もう今年の南アルプスは閉店でしょうか?
今年は何処へも行けなかった身としては、寂しい夏でした。
まぁ、山は逃げないそうですから・・。(笑い)

投稿: 山いろいろ | 2006年8月30日 (水) 15:19

赤鬼さま
最後の下りは変化無く、嫌になりますねぇ~
小生もビールオーダーしましたが、結構冷えてましたよ。
天気スッキリせず、些か欲求不満でした。羨ましい。
遠いのでこれから先も、なかなか行く機会が無いでしょう!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月30日 (水) 07:28

写真懐かしく拝見。おいらの精進の良さか3日間とも晴天
。ただ、聖平直前の樹林帯、もう着く筈、もう着く筈と必死に
歩いた。小屋に着いてビール冷えてるか? と聞いたら
冷えてると言うので買って飲んだら、冷えてねえの。
ビールの恨みでつまらんことを記憶してる。

投稿: 赤鬼 | 2006年8月30日 (水) 06:44

heppoco さま
何時も優しいcomment有難うございます。
南アは、越後からもACCESS的にはかなり大変ですね!!
北アと森林限界も異なり、奥深い感じが味わえます。
来年飯豊だけでなく、光・聖岳もお出かけ下さい。
山が待ってますよ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月30日 (水) 06:25

こんばんは。いいですね~南アの奥。
実は、最近うちでも光岳辺りを気にしていました。
ただ、やっぱりアクセスが悪いので、へなちょこな私には日数が必要になり、来年かなぁ~と思っています。
いや、来年は飯豊という大目標もあり・・・悩ましいです。

天気が悪くても、歩いた思い出は一生ものですもんネ。
空が曇っていても、雨が降っていても、写真満載でお願いします。楽しみにしています。

投稿: heppoco | 2006年8月29日 (火) 23:58

noritanさま
残念ながら、茶臼で目を皿にして探しましたが、ご期待に添えませんでした。意外と誰か見つけたりするもんですがね!
お気の毒です。だけど我々と違い、好天に恵まれ、良き眺望を満喫でき、記憶に残せた事は、羨ましい限りです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月29日 (火) 18:49

私とは全く逆コースですね。
茶臼岳に私のフラッシュカード落ちていませんでしたか(ーー;)
私が行っていた、3日間はとても好天気で、展望も良くて、絶景を楽しめたのでした。
頭の中に納めています。

聖平小屋では、丁度上棟式でした。
山行報告を読ませて頂いていると、懐かしいです!

投稿: noritan | 2006年8月29日 (火) 12:43

kurimammyさま
お優しいcomment有難うございます。
伝えたい事。感動など思いが伝わりません。
勉強不足と表現能力が乏しいのです。
貴女の様には、到底行きませんが、たまに間違って?
気に入って頂ける写真有れば宜しいのですが…(ーー;)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月29日 (火) 11:37

こんにちは
 精力的に山登りされていますね
うらやましいな〜。
ホント!今頃になって 後悔しています(^-^;
9時間も歩くなんて 私には( ̄▽ ̄;)
聞いただけで(*_*)アウッ! (笑)

>花たちの写真撮っていると、足が止まってしまいスピード乗りません。
 わかります わかります♪
でも花を見ると 素通りできませんよね(笑)
見た事もないような花がたくさん、 スピードダウンしてしまうでしょうが 、撮って載せてくださいね
楽しみにしていますから♪

投稿: kurimammy | 2006年8月29日 (火) 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/11642786

この記事へのトラックバック一覧です: 光岳~聖岳へ (中編):

« 光岳~聖岳へ (前編) | トップページ | 光岳~聖岳へ (後編) »