« 東北シリーズ  第二弾 | トップページ | 光岳~聖岳へ (前編) »

2006年8月19日 (土)

東北シリーズ  第三弾

東北自動車道紫波ICから大迫町へ、そして岳集落へ向かいます。

宿坊【和泉坊】で通された部屋は、天照大神そして早池峰大神の軸が架けられた床の間付きの部屋です。

一泊2食(¥5,500)山菜料理と清潔な布団は、お値打ち!!

夜は、表通りで早池峰神社祭礼間近、哀愁帯びた伝統踊りの予行演習。。

7月28日(金) 晴/曇/雨

    P1000848

夜も明けないうちから、何台かの車の通る音が耳に入ります。
5時頃には、貸切バスがエンジン音を響かせています。向かいの宿坊から団体客?がバスに次々乗りこみます。

6時 朝食です。ユックリ味わい、我々も出発準備。隣室のグループ弁当オーダーで5時過ぎに既に出発済み。

今日の目標 

     ■    早池峰山 (1,917m.)

  所在地  岩手県大迫町 、川井村
  高低差  877m.
  コース   河原坊→早池峰山→小田越
         →河原坊 CT 6時間
  地 図  国土地理院地形図1/25,000 早池峰山 

朝食済ませ、和泉坊の小母さんに見送られ、うすゆき山荘 の場所を確認しながら、河原坊登山口の駐車場へ…
既に、観光バスや、数十台の全国ナンバーの車で、広い駐車場もかなり埋まっています。
平日と言え、流石人気の山です。

前方には、目指す早池峰山の峰が待ってます。
登山口には、トイレと、ログ風の早池峰総合休憩所が設置されてます。
  P1000799 P1000800

7:00 河原坊登山口 スタート
身支度整え、出発します。ブナを主とする樹林帯の中に切られた登山道、歩き始めて直ぐに、小さな渡渉となります。コメガモリ沢です。
前を、富山の地元新聞社企画ツアーの20名ほどの団体さんが歩いていますが、我チーム4名なので、声を掛け道を譲って貰います。
沢沿いに進みますが、途中3度程の渡渉を繰り返すと、やがて沢音も聞こえなくなり、大きな石がゴロゴロ現れ、沢は伏流と変わります。
    P1000804

前方に早池峰山









やがて七合目最後の水場となる頭垢離。
歩き始めて約1時間休憩を取ります。
これから先は、沢から離れ岩塊のルートです。

  

   P1000810
傾斜も益々きつくなり、蛇紋岩の岩場の道が続きます。
やがて足元には、固有の代表的な高山植物が彼方此方に現れます。
蛇紋岩は、Mgを多く含んでいる為、植物の成長の妨げになり、そんな環境でも適応進化したものが固有種となったとか…

8;30 御座走り
   P1000815_1
大きな岩がゴロゴロ、ゴロゴロと…

8:45 打石
   
P1000816_1

これが噂の、〝ぶずえす〟フムフム納得。。
現地では 「ヴぅ ンずぅ ぃえ すぅ」と発音するらしい
(地元 盛岡 ぼんいぢ さん の解説です。)
ガスの中、遊泳中の天狗様がぶつかったらしい。。(大怪我??)

9;06 千丈岩
  
P1000820_1 P1000822_1

傾斜はきつくなり、落石注意です。鎖場も一寸。。
絶えず足の置き場に注意して、登ります。
右側からは小田越コースからの登山者も見えます。
ここまで来れば、山頂は、直ぐです。

9:35‐10:20 早池峰山頂
    P1000829_1

山頂周辺には、沢山の登山者が、食事をしたり、写真を撮ったり、銘々楽しんでいます。
三角点の奥に、岩に囲まれた早池峰神社の奥未やが鎮座されてます。
また少し離れて、避難小屋とトイレも設けられています。
薄くもやが懸かり、薬師岳や周辺の山は見えますが、残念ながら遠望は利きません。

コーヒー飲んだり、軽いお昼をユックリ採ります。
25分位休んでいたところ、始めに追い越した富山のツアー客も到着。
明日の予定は、磐梯山との事です。

小田越からの登山者や、河原坊からの登山者も続々と増えてきたので、下山する事に…

下りは、小田越コースです。

10:20 山頂 発
    
P1000833 
山頂を振り返って見ます。足元には、まだチングルマや、ハクサンイチゲが咲き残っています。
足の短い標識マークが彼方此方、親切です。

   P1000834 P1000836

木道を進めば、ハイマツ、トドマツの樹林に囲まれた湿地性のお花畑 御田植場 ハクサンイチゲの群生と、ヨツバシオガマが咲き乱れています。

更に進んで、剣が峰との分岐。
ハイマツと巨石の竜ヶ馬場の手前は、
急峻な岩礫帯となり、鎖場と梯子も現れます。
(混雑時は要注意)

  P1000839 P1000840

暫く、足場の悪い、岩稜帯が続きますが、岩の合間の可憐な花々に心と目が奪われ、スピード乗りません。

11:00 五合目 御金蔵

    P1000846
角ばった岩が金庫に見えた?!!
この辺りには、巨岩が多数点在してます。

まだまだ巨石累々の登山道が御門口まで続きます。

    P1000852

家族連れや、団体登山者後を絶ちません。
振り返ってみれば、東北の山と思えないアルペンチックな雰囲気を覚えます。
赤茶けた岩と緑のハイマツが印象的です。

御門口の岩稜帯が終われば、アオモリトドマツやオオシラビソの樹林帯の中の登山道と変わり、様相は一変します。

12:20 小田越 着
    P1000860

遠野へ通ずる車道が目の前に現れます。
ここから2kmで河原坊登山口&駐車場です。

    P1000867
舗装道路から、早池峰山を望みます。
薄っすらとガスが懸かり始めてきました。
道端の花を眺めながら、チンタラチンタラ ユックリと。。
 

12:45 河原坊登山口 着
沢山の花々や、一寸した岩場歩きを楽しみ、予定終了です。
靴脱ぎ、帰り支度をして車に乗りこむ頃には、山頂はガスに覆われます。
車が早池峰ダムに差し掛かる頃、フロント硝子には雨粒が当たります。

東北道そして磐越道までは、前方が分らないくらいの酷い雨、新潟県境で漸く小降りに変わり、珍しく新潟の夜空には、星も・・・

*早池峰山で見られた花たち (うろ覚え)
ハヤチネウスユキソウ、ナンブイヌナズナ、イワウメ、
カトウハコベ、ミヤマアズマギク、ミヤマオダマキ
チシマアマナ、ナンブトウウチソウ、ホタルブクロ
チングルマ、ハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ、
キンロバイ、タカネナデシコ、コウメバチソウ、
センジュカンビ、タチギボウシ、ナンブトラノオ
ミヤマアケボノソウ、ギンリョウソウ、

  P1000803 P1000807 P1000808
  P1000811 P1000812 P1000817
  P1000827 P1000821 P1000823
  P1000831 P1000832 P1000841
  P1000843 P1000847 P1000849
  P1000858 P1000861 P1000818
  P1000850 P1000859_1 P1000870
    P1000871 P1000868 P1000872
    P1000801 P1000806 P1000842_1
      

私見
北上高地の最高峰、そして岩手山に次ぐ県内第二位の高峰、ハヤチネウスユキソウに代表される数多くの花、そして東北にしては珍しい岩峰 歩行時間的には、少々物足りなさを覚えるが、麓の早池峰神社の歴史的雰囲気も情緒が有り、流石100名山、その名に相応しいと納得。ただ人気の山ゆえ、平日に出かけないと、自分のペースで歩く事が出来ず苛立ちを覚えるかも…更に蛇紋岩の岩からして、海底隆起により誕生した山、其の為か?山麓周辺に温泉が無いことが弱点か…(近郊では花巻温泉)

初日の八幡平 途中の温泉入る時間が無かった事が悔やまれますが、今まであまり縁が無かった東北の山、矢張り来て見るもんです。一つ一つの山夫々に魅了されました。

 東北シリーズ   今回編 完

 

|

« 東北シリーズ  第二弾 | トップページ | 光岳~聖岳へ (前編) »

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
お返事遅くなり、失礼しました。其の後ご主人様の具合如何?
早池峰も、岩手山も意外に?縁が無く、今回初めてだったんですよ。夫々趣き違い、良い思い出になりました。矢張り
彼方此方出かけてみるもんですネ!!
山の帰りは、温泉がのぞましい。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月24日 (木) 14:41

しげぞうさま
確かに、対峙する薬師岳も捨てがたい…と思いました。
100名山一応終わったら、天気が悪く視界不良だったり、或いは時期を変え別の角度から見るとか、ゆとりを持った山歩きが更なる感動を呼ぶかもしれません。山は、色んな顔持ってますもんネ。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月24日 (木) 14:32

まろんさま
勉強不足で、早池峰花は兎も角、蛇紋岩の岩山とは、知りませんでした。東北の山といったimageと少し違っていました。ただ出かけるには、今回みたいに出来れば平日ですね!!
貴女は、次ドチラでしょう??

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月23日 (水) 23:08

山いろいろ さま
3週間弱山へ行ってなかったので、カミサンと珍しく、南アへ行き、今戻ったばかりです。雷有り、晴れ間有り、ガス有り、
いろいろでした。富山でまた一杯飲んだみたいですね!!
東北温泉めぐり案内よろしくです。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月23日 (水) 23:03

ぼんいぢさま
commentおへんじ遅くなり失礼、只今 南アから帰宅したばかりです。また知ったかぶりできる情報有難うさんです。
残念ながら、写真撮り忘れた様です。貴殿は地元なので
その節は、是非アップしてください。何時か お二人に会うため押しかけるかも…


投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月23日 (水) 22:58

こんばんわ!
早池峰も、去年のこの時期に登りました~。岩場が結構楽しかった記憶はあるんですけど、こんなにお花が咲いていたかな~と・・・(汗
あの頃は、山のお花がちんぷんかんぷんで、色のちがいくらいしかわかってなかったのかも~。
ハヤチネウスユキソウだけは覚えてます!(有名だから)

>山麓周辺に温泉が無いことが弱点か…
確かに。花巻まで行った記憶がありますもん。

投稿: まゆ太 | 2006年8月22日 (火) 18:52

おお~、早池峰、さすがにお花がいっぱいですねえ!山頂直下のお花畑なんて、私が登ったときより断然お花畑っぽいですよ~!
これで一気に岩手にある百名山を制覇ですね(笑)。この山は、薬師岳も絡めてまた登ってみたいなあと思っています。

投稿: しげぞう | 2006年8月22日 (火) 08:11

早池峰は花が多し、あのググーッと登る感じ、それに遠めにみて格好いいので気に入ってます。私が行ったときは例のハシゴの所にNHKのカメラがいて妙に緊張しました。って自意識過剰ですね>アホ(笑)

投稿: まろん | 2006年8月20日 (日) 20:47

東北を堪能しましたね。
山と同時に温泉が東北の魅力、他には無い魅力がイッパイですよね。
早池峰の向側の薬師岳もなかなかいいらしいですよ。

投稿: 山いろいろ | 2006年8月20日 (日) 20:31

こんばんは。
早池峰も行って来たんですね。
岩手山の記録読んだ後、たぶんそうかなと思ってました。
そうそう。
天狗がぶつかった ぶずえす なんですが、
2・3日前、地元のローカルニュースが早池峰の特集をしてまして、その中で岳集落の人がぶずえすを案内してました。解説をきいていると驚きの伝説。
ナント!!
ぶずえす には、天狗が衝突した際に鼻が刺さって
穴が開いてしまったそうです。
下からでなく、同じ高さぐらいで撮った写真があったら、
見返して下さい。確かに穴が開いてるんですよぉ。
かなり大きい鼻の天狗さまのようです。
鼻だけでなく体も大きい 大天狗 かも。

投稿: ぼんいぢ | 2006年8月20日 (日) 19:57

穂高&Kさま
おはようございます。
あららら・今日は山お休みですか?珍しい。。
東北の山、雰囲気がいいところ多いですね!!
何時の日か、温泉セットでご一緒させてくださいね。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月20日 (日) 07:54

赤鬼さま
毎日暑いねぇ~堪りません。寝れなくて
それにしても、鬼さんはロマンチスト。。
温泉行こうね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月20日 (日) 07:50

もうぞうさま
おはようございます。何時もどうも!!
ハヤチネウスユキソウが、一番欧州のエーデルワイスに似ているとか!スイスでも余程山に詳しい人で無いと、現在は、
殆ど見られないようです。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月20日 (日) 07:46

noritanさま
梅雨が例年通り明けていれば、東北遠征は正直頭になかったのです。東北は焼石・栗駒程度しか分らなかったけど
良い雰囲気の山結構有りますね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月20日 (日) 07:28

東北3山、楽しく、懐かしく拝見しました。
早池峰山、いい山ですね。
一つ一つの写真を「ああ、こんな所もあった、この花も」と懐
かしく拝見しました。
さすが早い行動、雨になる前の下山良かったですね。
体がむずむずしているはずの次の山行記、楽しみにしてます。

投稿: 穂高&K | 2006年8月20日 (日) 07:14

ナンブイヌナズナ、なんてここで初めて聞いたし見た。
ハヤチネウスユキソウが朝露に濡れ、可憐に咲いていたのに感激した。鎖場など記憶が薄れ、覚えてない。ただ一枚岩の梯子は覚えていた。さすがOさんは悠々と降りているね。おいらの最も尊敬する岳人だ。それにしても暑いねえ。

投稿: 赤鬼 | 2006年8月20日 (日) 06:40

早池峰山か、行ってみたいな~
ウスユキソウは何度か見ましたが、ここのハヤチネウスユキソウは、一番素敵な感じがします。

投稿: もうぞう | 2006年8月20日 (日) 04:20

東北シリーズ、懐かしく読ませて頂きました。
東北の「百名山」は比較的、気安かったので、早めに登ることができました。早池峰山は2002年の6月8日、明日が山開きという前日の土曜日にきました。人も多くなくて、お天気もよくて、東北の山の中でも大好きな山です。
周遊できるのも良いですね。
又、再訪したい山です。

投稿: noritan | 2006年8月20日 (日) 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/11491878

この記事へのトラックバック一覧です: 東北シリーズ  第三弾:

« 東北シリーズ  第二弾 | トップページ | 光岳~聖岳へ (前編) »