« 北の大地へ、十勝岳&美瑛岳 編 | トップページ | 北の大地へ、反省編 »

2006年7月22日 (土)

北の大地へ、 その4は???

温泉最高。。。至れり尽くせりの白銀荘。

暑がり屋のジィ~ジ、前夜冷蔵庫で冷凍しておいた飲水のペットボトル回収。

北海道の3日目の山です。

陽も射し、外は明るい。(朝 天気が良いと崩れる可能性も大きい

  P1000463 P1000464
      白銀荘          玄関のベア(ザック背負って)

白銀荘を出ると、直ぐ傍に、ドラマ<北の国から>で、宮沢リエさんと田中邦衛さんが入浴した、吹上温泉露天風呂が有ります。

ここから、暫く道なりで、十勝岳温泉につきます。凌雲閣と言う大きな温泉宿が有り、広い駐車場、トイレ(故障修理中)、既に10台以上の車と中型観光バスも2台…

 7月10日(月) 薄曇り

今日の目的の山は、・・・→ そうです。
上ホロカメットク山(1,920m.)&富良野岳(1,912m.花の百名山

山の中腹まで、ガスが下りて残念ながら少しハッキリしません。

今日のコースタイムGuideBookでは、歩行時間 8時間10分。

5:40 登山口スタート

大きな案内看板が立てられた広い緩やかな道を進みます。ここは観光客も探勝道として利用し易いように、良く整備されています。

歩き始めて、少しで左手に三段山へのルートが現れます。更に10分程ダラダラと緩い道を進めば、安政火口と、ヌッカクシ富良野川源頭の涸沢が見えてきます。

     P1000465
      安政火口と富良野川源頭 モデル相方

対岸に渡り、山腹をトラバース気味に登り、廻りきると沢状の登山道には、残雪も少々有ります。休んでいた地元の方、「先週来た時は、もっと雪が沢山で怖かった。」といっていました。
ここは、上ホロ分岐です。(標識有り)地元のオジサンを先に立てて、我チームは、上ホロ目指します。

直ぐに、300段階段とエリアマップに記された木製の階段が、急登に取り付けられています。
この階段、上りに使うか?下りに利用するか? 【私見・膝の負担軽減の為、上りに使ったほうが良い!!】

ジィ~ジ的には、前評判ほど左程難儀さは、感じませんでした。

稜線に出るまで、20数人のグループを追い抜き、先へ進みます。

岩混じりの登山道となり、左手は切れ落ちている様子ですが、残念ながらガスで定かで有りません。化物岩や安政火口、八ツ手岩そして三段山から十勝岳方面見えるだろうに…
    P1000468
     多分八ツ手岩付近かな?ガス切れません。

更に少し急登を登り切ると、平らな上富良野岳(1,893m.)に出ます。

ここから、だらだらと小岩混じりの道を15分足らず、本日の目的の一つ、上ホロカメトックです。

7:50 上ホロカメットク山(1,920m.) 着

ここから1時間半程で、十勝岳山頂までいけるはずですが、避難小屋すら、ガスで見えません。

前日登った山が見えないのも、何か寂しいもの感じます。残念!
    P1000470 P1000471
     上富良野岳 相方      上ホロカメットク山 ジィ~ジ

やがて、途中まで先導してくれていた地元のオジサン到着、「十勝まで行きたいけど天気がね~」と決めかねている様子です。

我等二人、10分程掛け上富良野岳へ戻り、緩やかな平板を敷いたような気持ちの良い道を先に進みます。

傍らは、チングルマやツガザクラ、エゾヒメクワガタ…他、ズーッとお花畑です。岩が点在する右手は、少し切れ落ちているようです。
   P1000472 P1000473
   P1000476 P1000477

 8:50 三峰山 通過 
この辺りは、ナキウサギの生息地らしいが、全く耳にしません。
熊も出てきそうで、我等以外他のパーティも歩いていないので、少々気持ちがヨロシク有りません。

それでも暫くして、本日始めて前方から単独の男性登山者とすれ違います。何故か安心感が湧いてきます。

 9:45-10:05 富良野岳分岐
三峰山から岩稜の登山道を40~50分歩けば、ヒヨコッと富良野岳分岐に出ます。
そこでは、20人程の登山者が、休憩しています。

 アレッ・・・!!!

休憩中の登山者グループの内、10人近くは、見覚えのある顔です。

そうです。前日会えなかったのですが、我、山の会 のお誘いで来ている会友たちです。

ジィ~ジは、もしかしたら…と事前情報で頭には、有りましたが先方さん達、遠い北海道で、まさかジィ~ジ達に遭うとは、想像外で、吃驚しています。 全員旧知の間柄ですから、暫く挨拶交わしたり情報交換。
彼等は、この日が最後で、夕方、苫小牧から新潟へ戻るのです。

名残り惜しみつつも、我々は山頂に向かい、階段を登りはじめていると、リーダー役勤めるOさんや、同行の数人の会友とすれ違い。勿論 相手方は吃驚仰天。。挨拶交わして分かれます。

10:40-11:35 富良野岳(1,912メートル)山頂

簡単な早目の昼食を取って、折角の花の百名山です。山頂先の原始ヶ原へ道を少し下りたり、周囲を散策します。
東京から、フライトの時間を気にして急いで下るグループとか、ユックリお湯沸かし寛いでいる登山者。流石人気の山で、縦走路では一人しか会わなかったのに、大賑わいの状態です。
花も、数多く咲いて、その種類も多いようで、花の100名山の名に恥じていません。しかし残念ながらガスで四周見渡す事が出来なかった事には、すこし悔いも残ります。

   P1000480 P1000483
   P1000484 P1000485

ユックリ富良野岳堪能したら、後はスタコラと下るだけ。。

山腹を巻くように下り、往路の上ホロ分岐、そして安政火口・三段山方面の異様な姿を眺めながら登山口に向かいます。

   P1000487 P1000488

涸沢渡り、小砂利の敷かれた広い道をテクテクくだればやがて、スタート地点の登山口。

 13:35 十勝岳温泉登山口 着
        P1000489

ユックリ登り、会友とお喋り、そして山頂周辺の散策、昼食と…併せて約8時間の山旅でした。

靴脱ぎぎ、途中で一緒になった1人の東京の女性ハイカーも同乗し、再び、吹上温泉白銀荘へ。。

昼日中 明るい時間から気持ち良く汗流します。極楽極楽(古いッ)
* 白銀館 宿泊者の翌日入浴料、再館入浴料 300円也。
      日帰り通常 600円

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前日の十勝岳・美瑛岳、そしてこの度の、上ホロカメットク山・富良野岳思いで噛み締め、車は白樺街道を美瑛に向かいます。
あまり無い機会、時間のまだ早いので、美瑛の彼方此方を見学…

平日に関わらず、人・人・・・車・車・・・ 

   P1000491 P1000493
   P1000495 P1000498

 確かに 癒される景色ですネ~

 車は、旭川に 向かいます。   又続きます。。

 このまま いい事尽くめで終わるわけ 多分…


  

    

|

« 北の大地へ、十勝岳&美瑛岳 編 | トップページ | 北の大地へ、反省編 »

登山」カテゴリの記事

コメント

しげぞうさま
今や、全国の山のぼらーの注目の大スターからのcomment
有難うございます。北海道のお山独特の雰囲気が有り、また花も
多く、人惹き付けます。越後からもACCESS良いので結構沢山
でも会のメンバーどんぐり目で泡吹いた。(冗談)
この先 段々 問題発生??

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月25日 (火) 08:56

sanaeさま
凄い大縦走で、ほんとにびっくり栗キントン!!チョーLONG。
是非しげぞうさんや、TiCAさんに教えてやってください。
皆、若いとき頑張ったんだ…と。
ジィ~ジ恥ずかしながら、顔さらしました。sanaeさんチームと
何処かで、お会いできるかもと、願って・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月25日 (火) 08:46

わ~、さすがにいい山をお選びになっていますね!!!上ホロに富良野岳、行ってみたい山です。お花もたくさん咲いていますし~楽しくそして羨ましく拝見しました。
でも、富良野岳、いくら人気の山とはいえ、山の会のみなさんはバッタリにビックリ栗きんとんだったでしょうね~(笑)。新潟じゃなくて北海道ですもんね!
さあて、次は事件が起こるのかしら~???楽しみ楽しみー(^^)

投稿: しげぞう | 2006年7月25日 (火) 00:55

かつて原始ヶ原から富良野に登って十勝やら美瑛やら通って大雪まで縦走したことがありました。
もう出来ませんが・・・
原始ヶ原って、コースに入れる人あまりいないように感じていたのですが、久々に懐かしく思いました。
お仲間に最後に出会えてよかったですね。いい思い出になりましたね。
ジィ~ジさん、もう少しお顔アップでお願いします、heppocoさんのように目よくないですから(笑)

投稿: sanae | 2006年7月25日 (火) 00:36

赤鬼さま
ご苦労様そして、お疲れ様でした。
上ホロからの十勝岳見てみたかったのですがね~残念でした。
三段山荒れているようですね。山では色々な事、有ります。
それが後では、全て思い出に…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月24日 (月) 07:36

二度目に行った時に、上ホロカメットクから十勝岳に行き、
帰りは三段山経由で帰ってきた。三段山までは、酷い悪路
で、後続者がいたら落石をあびていたに違いない。
途中、同行のS女史と喧嘩をし、怒ったS女史プリプリしてすっとばして行った。それでも山頂では一緒に写真に
収まり、帰りの岩場で引っ張り上げてやったら、やっと
許してくれた。今でも会うとその話をして笑っている。
そんな訳で懐かしい山である。

投稿: 赤鬼 | 2006年7月24日 (月) 07:09

えいじさま
北海道アルプスと違った意味で、凄く魅力満載ですね。
何度行っても飽きません。身体が続く限り来年も是非出かけたいと
思っています。見たいところ、登りたい所、欲は限り有りません

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月23日 (日) 22:56

やっぱり、北海道は良いですね。
今の時期は皆様遠征しているんですね。
私もまた行きたいです。今年は多分無理なので来年に期待します。

投稿: えいじ | 2006年7月23日 (日) 22:27

heppocoさま
ガスで定かで無いだろうと、顔だしてしまいました。 (後悔)
髭は伸ばし始めて、2年半位になります。ジィ~ジの自慢は、
お顔と、お名前割と覚えている事です。きっとheppoco隊の
お二人様に何処かでお会いする事有れば、間違いなく声掛ける事でしょう。美瑛いいですよね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月23日 (日) 20:56

ジィ~ジさんの生写真?あれ?違う・・・お顔写真拝見(*^^)v
「あらためて・・・初めまして~!ジィ~ジさん」
と思わず、PCにグッと近づいてしまいました(笑)
お髭をたくわえていらっしいますが、もしそれが無かったらお孫さんがいるとは思い難い風貌です☆
あ~、これでいつかどこかで会った時、声を掛けられます!
(それには新潟行かなきゃ・・・)
美瑛の景色、いつ見てもいいですね~。

投稿: heppoco | 2006年7月23日 (日) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/11052302

この記事へのトラックバック一覧です: 北の大地へ、 その4は??? :

« 北の大地へ、十勝岳&美瑛岳 編 | トップページ | 北の大地へ、反省編 »