« 角田山は、今年5回目です。 | トップページ | 北の大地へ、二人連れ (序) »

2006年7月 6日 (木)

100記事目、平標山・仙の倉山

現役退き、認知症対策で始めた、駄ブログ

昨年6月スタートで、何時の間にか100記事目。

今回は、
 会山行№49 平標山・仙ノ倉山
       
P1000207
  
LEADERは、会友 山いろいろ氏 
参加者  38名  (女性22名 男性16名)

 ■ 平標山 1984m. 仙ノ倉山 2026m.
 所在地  新潟県湯沢町、群馬県新治村
 日 時  6月25日(日)
 天 気  曇り
 行程   元橋登山口 8:20→第一鉄塔 9:20→
       松手山 10:00→平標山(11:37-12:26)→
       仙ノ倉山 (13:15ー13:25)→平標山 14:16
       →平標山の家(14:50-15:00)→出合い 15:49
       →元橋駐車場 16:50
       歩行時間  約7時間15分
 高低差  950m. 1000m.
 地 図  国土地理院1/25,000地形図 三国峠(北東)

*ジィ~ジ 三国峠からの谷川縦走、或いは両座目的に、厳冬期を除き、時季を問わず、10数回は、経験有るものの、花も多く、好きな山です。

大型バス仕立て、6:00新潟駅出発、8:00過ぎに湯沢ICからR13三国街道元橋の登山口大駐車場。
車内から「わーッ」と喚声 見れば広大な駐車場は、既に満車状態だったから…

早速 出発準備にかかりますが、人数多く他の登山者に迷惑掛けないように2班に分け、SLと打合せ。
ジィ~ジは最後尾を受け持ち。

登山口から、松手山に向かい、ジグザクに登りはじめます。幸い雨の心配は暫く無いようです。

第一鉄塔で小休止。周りの山ツツジは、見頃を少し過ぎたようです。
ガスで見える筈の苗場も隠れています。

眼前のピークを越えれば、松手山です。

松手山付近からは、足元には、アカモノ、マイズルソウまたイワカガミが多数見られます。
脇には、サラサドウダンやシャクナゲも…
P1000211_1 P1000216
P1000218 P1000219
暫くすると、笹の草原状の展望の良い尾根道になります。忠実に山頂に向かうだけです。

既に登り終えて、下山される方と、時折、すれ違いも見られるようになりました。

砂礫帯に登山道となり、今度は、ハクサンチドリやハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ、オノエラン等の花々が、疲れを癒してくれます。
P1000223 P1000229
P1000227 P1000233
団体なので、ユックリ歩を進めますが、11;30過ぎ、当初予定より少し早く、平標山山頂到着。
沢山の登山者が、銘々寛いでいますが、残念ながらガスで遠望は、殆ど利きません。
でも風も少し有るので、お昼には 持って来い の塩梅です。
各自持ち寄りの、自慢手料理が食べきれないほど、回ってきます。
ジィ~ジ何時ものように、500ミリ一缶グビーッです。
小一時間のランチ&懇親タイムの後は、最終目的 仙ノ倉山を目指します。

昔と異なり、植生保護の為、ロープが張られ、木製の階段が整備されています。
周りは、保護の成果か、時季が最高にマッチしたのか、花花花 の共演(競艶)です。
ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲ、チングルマ…etc
P1000240 P1000254
P1000260 P1000243

やがて、最終目的 仙ノ倉山到着。全員で記念撮影。相変わらず残念なことに遠望が利かず、僅かに時折、茂倉岳がチラリ。。参加者の皆さんに谷川岳への縦走路の概要を見てもらいたかった…
仙ノ倉は、谷川山塊でも、尤も高い山、晴れていれば、富士山も望めたのですが、、、惜しい!!

時間的に遅いのと、平標で戻る登山者も多いので、我グループだけなので、お陰で他人様に迷惑掛けることも
有りません。

目的達成し愈々下山開始、再び平標山に向かいます。

P1000248 P1000261
P1000244 P1000252
平標山からは、平標山の家に向かいます。
殆どが木製の階段です。ここまで手入れされると、返ってある歩き辛く感じますが、これも山を守る、自然を守る一環でしょう。
        P1000268
足元には、イワイチョウ、イワカガミがそしてマイズルソウが…
P1000270 P1000273
P1000272 P1000265
山の家で最後の休憩を取ります。

*今年 山の家改築される予定との事。
    
P1000275
          
山の家と我グループ

平元新道に向かって、再び下ります。
P1000276 P1000280

平元新道登山口から、最後は岩魚沢林道をテクテクと数10分 元橋登山口大駐車場に到着。
あれほど沢山の車は、既に殆ど有りません。
ドライバーが用意のホットなお絞りで汗を拭い、サッパリとしたところで、乗車。

車内では、再びアルコールも入り、賑やかに、また新会員も多数だったので、自己紹介や感想・今後の会に対する希望など、新潟まで寸暇を惜しんで、盛り上がった1日となりました。

山いろいろ氏、リーダーとして、自費で、本番に備え、6月2日下見までした由。ご苦労に対し、頭が下がります。

眺望は、あまり得られなかったものの、沢山の花々に会え、また新会員の皆様とも懇親を深める事ができ、そして梅雨の最中でありながら、雨にも遭わず、よき会山行となりました。

  
    

 

 

    

    

|

« 角田山は、今年5回目です。 | トップページ | 北の大地へ、二人連れ (序) »

登山」カテゴリの記事

コメント

moeさま
ココログ時々嫌になります。出来れば別なものに変更したい位、
ホンとご迷惑をお掛けしました。comment感謝いたします。
貴女方は100名山優先中でしょうが、こんな山も良いもんですよ。
花の時季に三国から谷川岳縦走お薦めですが、途中は幕営禁止なので…また平標山の家も今年改築予定とか…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月14日 (金) 12:19

tomomiさま
平標山ACCESSも良いし、特に貴女方はスキーなさるので、
四季を問わず、魅力的な山ですよね!!(悪天候を除き)
今回は、特別花の最盛期に丁度廻りあえたようで…
他の、登山者・グループになるべく迷惑掛けないようにと
気をつけている積りですが、何処かでお会いして問題有りと、
思われましたら、ご遠慮なく、ご指摘下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月14日 (金) 12:06

heppocoさま
何時も、有難うございます。
仙の倉山200名山ですし、平標~仙の倉山は花も多く、関東からの
ACCESSも良いので、何時も人気が高いですね。今回は、時期も
マッチして特に花が多く、参加者も喜んでくれたと思います。
喜んでいる会員の顔を見れる事は、幸せなことです。
参加費¥3,200です。完全実費です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月14日 (金) 11:56

kurimammyさま
1週間山の神様と北海道の山三昧で、14日朝新潟港に着きました。
励ましのお言葉有難うございます。拙い内容で恥ずかしいですが
始めた以上継続したく思っておりますので、ご指導の程、ヨロシク
平標山から仙の倉山、花が多いのと、谷川岳縦走路なので、
頗る人気の山なのです。関東からも近いですし。それ程危険な
箇所も無いので…(冬は別ですが)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月14日 (金) 09:48

山いろいろさま
本日、14日朝、北海道から戻りました。
故に、返事遅くなり申しわけ有りませんでした。
励ましのお言葉感謝します。
LEADERが異なると、山も味方してくれるのでしょうか!!
沢山の花に恵まれ、本当に目の保養になりました。
コチラこそ今後ともヨロシクご指導下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月14日 (金) 09:20

輝ジィ~ジさん、こんにちは♪
実は昨日、コメントを書いて送信したら、メンテナンス中だったのですね><;
それはさておき、100記事目おめでとうございます!!
平標山・仙ノ倉山はお花がたくさん咲いていて、素敵な山ですね。
仲間大勢での山行&各自持ち寄りの自慢手料理が食べきれないほど、回ってくる光景を想像すると、なんとも楽しそうで羨ましいです♪
階段が多くて大変そうですが、高山植物を見に登ってみたくなりました!

投稿: moe | 2006年7月13日 (木) 15:57

さすが、平標山!夏も冬も大好きです~ 
こんなにお花があったら、大興奮でちっとも前に進めません(^_^;)
それにしても、この大人数をまとめ、企画を立て実行するなんてスバラシイです!
私なんて、二人だけでも精一杯なのに。。。

投稿: tomomi | 2006年7月10日 (月) 22:51

こんばんは~。平標山、いいですね☆
ガスガスでも、お花が沢山だとそれだけで「来て良かった」って思えますよね。
いつも楽しそうな山の会、羨ましいです。

投稿: heppoco | 2006年7月 9日 (日) 23:06

ioo回記事おめでとうございます
一口に100回といっても大変なことですよね
これからも 楽しみにしています。

それにしてもすごい花
眺望には恵まれなかったようですが、こんなにたくさんのお花に出会えるなんて羨ましいです。
 

投稿: kurimammy | 2006年7月 9日 (日) 10:34

もう開設1年ですか!。そして100回のアップは立派です!。
なかなか熱心な記事アップ率に感服しております。
益々充実されます事を楽しみにしています。
平標山ではすっかりお世話になりました。これからも宜しくお願いします。

投稿: 山いろいろ | 2006年7月 7日 (金) 14:40

赤鬼さま
ジィ~ジ駄洒落笑われるよ!!
1昨年6月末あの時は、端境期か?花が無かったね~
暫くすれば、キスゲの時季となるでしょう。。
今日 もう直ぐ家出るよ。お土産期待???晴れれば良いけど…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月 7日 (金) 07:28

ガスで残念でがす。花は凄かったねえ。鬼は7~8回
行ってるので、パスした。明後日おっきな島行くんでしょう、
気をつけて楽しんできてね。みやげ話待ってるよ。

投稿: 赤鬼 | 2006年7月 7日 (金) 06:44

えいじさま
お祝いのお言葉感謝します。
小生も貴殿の記事何時も拝見させて頂いていましたよ。
新潟の山、ACCESSは別にして日帰りに丁度良いところ
結構有ります。紅葉も当たれば見事です。出来る限りの
お手伝いは、させていただきます。ご遠慮なくご連絡下さい。秋は、越後駒ケ岳辺りお薦めですが、土・日は混雑するし…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月 7日 (金) 05:53

始めまして、いつも拝見しております。
100記事おめでとうございます。これもキリバンの内ですね。
輝ジィ~ジさんのブログを拝見していて新潟の山は優しそうで奥が深そうなので興味をもっています。秋までにはどかか一度登りたいと思いますのでご教示頂ければ幸いです。

投稿: えいじ | 2006年7月 6日 (木) 23:50

もうぞうさま
コンバンワ 何時もどうも
正直、階段本当は、足・膝の為には??です。
雰囲気も良く有りませんね~ でも仕方がないのでしょう。
花々が救いでは有りますが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月 6日 (木) 21:27

平標山の木の階段には、閉口しますね。
仕方のない事かも知れませんが、もうすこし工夫が欲しいところです。

投稿: もうぞう | 2006年7月 6日 (木) 21:07

sanaeさま
小生、平標山は好きな山です。花も多く、天気が良ければ眺めも、
ホンと、お近くにお住いでしたら、お二人様是非入会していただきたいところですが(笑い)、山いろいろ氏は、次は、南蔵王(刈田峠・屏風岳・不忘岳)、小生は、奥大日岳・大日岳を企画してます。新しい会員に少しでも山の楽しさが伝われば、と思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年7月 6日 (木) 20:10

山いろいろさんとご一緒だったのですね。
いいですね、良いお仲間がいらして!素敵な山の会ですね。近かったら私も入会したいです(笑)
お天気が悪くてもお花がたくさん楽しめて良かったですね♪

投稿: sanae | 2006年7月 6日 (木) 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/10807022

この記事へのトラックバック一覧です: 100記事目、平標山・仙の倉山:

« 角田山は、今年5回目です。 | トップページ | 北の大地へ、二人連れ (序) »