« 白毛門山、二人連れ | トップページ | ヒメサユリと粟ヶ岳 »

2006年6月24日 (土)

20人で白毛門山&笠ヶ岳

ジィ~ジ所属の〝山歩きの会〟の会行事です。

企画担当 つまり、LEADERは、ジィ~ジなのです。

白毛門山は、前の記事にも記述の通り、過去10回弱経験済み。

でも山は、毎年変化しています。。。。。それで東京の帰りを利用し、

状況確認の為、相方と下見をしたのでした。

 さて 本番です。

  ■ 白毛門山 1,720m. 笠ヶ岳 1,852m.

   所在地 群馬県水上町

  日 時  6月11日(日)
  天 気  薄曇/小雨/曇
  参加者  女性9名 男性11名 計20名
  行 程  東黒沢P登山口 7:45→
        松の木沢の頭 (9:55-10:00)→
        白毛門山山頂(10:50‐11:00)→
        松の木沢の頭 11:45→
        1,140m.台地(12:30-13:30)→
        東黒沢P登山口 14:10
          実質歩行時間 約 5時間10分
  高低差  約1030m.
  地 図  国土地理院 1/25,000地形図 茂倉岳

週間予報と前日の予報でも、梅雨時なのに降水確率比較的低く、
何とかなるかな?と淡い期待を抱く。

当日、雨こそ降っていないもののスッキリしない空模様。

5時 参加者揃い、DXバスにて、新潟駅観光バス発着場を出発。

50数歳からもう直ぐ傘寿を迎えられる先輩まで、
女性9名、男性11名 計20名の参加です。

バスの中、相変わらず、賑やかで、皆さんお元気な事です。

関越トンネル抜けると、川端文学と珍しく逆に、益々怪しい空模様。。

ジィ~ジ内心 
のっけから降っていれば、尾瀬ヶ原散策とか変更も考えていたんですが…

東黒沢登山口には乗用車が2台だけ。。

銘々簡単なストレッチ、そして予定より少し始めに出発です。

急な見通しの悪い、ブナの林を、皆さん文句も言わず、登ります。
高度差300m.程一気に登らねばなりません。

ガスが濃くなり、肌寒さも感じるように!!

歩き始めて1時間一寸、檜の洞を過ぎた辺りで、
とうとう、ガスが霧雨模様に変わったので、全員に雨具身に着ける様指示。

無論、周囲は、何にも見えません。

足元の、終わりかけのイワカガミや、傍らの石楠花がぼんやり程度。

松の木沢の頭 の手前で、埼玉の高校の山岳部の諸君とすれ違い。

徐々に岩混じりの急峻な、そして濡れた登山道ですが皆さん元気なものです。

展望台の、松の木沢の頭 ですが、何にも見えず、参加者の皆さんには本当に、申し訳ない気がします。

ここまで来た以上、雨は本降りでもなく、先へ行くしか有りません。

荒れた登山道 全員落石に気をつけ、山頂到着。。。

    P1000137
     こんな感じです。風も強く、寒く、長居できません。

雨は、左程強く有りませんが、ナンだって風が… 吹きっ曝しでお昼もままなりません。

今回の予定では、笠ヶ岳まで足を伸ばす積りだったのですが、意味が無いので、SLの仲間達と相談の上、早々に退散する事に決定。

お昼を摂るには、大分下まで下りないと有りません。参加者に間食だけ口にして貰い、即下山開始します。

    P1000138
       松の木沢の頭下の岩場下る赤鬼氏

空腹を少々感じながらも、1150m.付近の台地まで一気に下り、大きなクロベ(黒檜)の根元で、全員で労をねぎらうべく、
          乾杯 カンパーイ!!

風は、少しあるものの幸い雨は、止んだようです。

例によって、各自持ち寄りの手料理の品々が回ってきます。若干のalcoholで、voltageも上がってきます。

折角の眺望も望めませんが、後は下るだけですから…

1時間ほどの遅めのお昼を終えて、登山口へ向かいます。

東黒沢で汚れた靴を洗い、バスに…
ドライバーが暖かいタオルを皆に配り、汗を拭き、気持ちよく乗車。

道路はそれ程濡れていません。どうやら雨は山だけだったようです。

笠ヶ岳中止で予定より約2時間早く、途中ユックリと、湯テルメ谷川立ち寄り、入浴汗流します。

風呂上りのサッパリ気分でバスに乗り込むや否や、ビールで喉を潤し、早速宴会が再開。賑やかに、座は盛り上がり、そのまま無事に新潟駅へ…
予定より2時間丁度早く到着。まだ6時。

 *感想 私見
 梅雨時で、止むを得ないかもしれないけど、天気が悪く、肝心の谷川岳の様子や、馬蹄形の縦走路の感じが参加者の皆さんに伝わらず、お気の毒だった。
しかし、一部の足場の面倒な岩場や、荒れて崩壊し、危険一杯の道でありながら、全員あの天候で、誰一人落伍することなく、白毛門山頂を踏めた事は、年齢から見ても誇れるのでは無い下と思います。要した時間も少し早い位だったし、何れにせよ、参加者各位の日頃の鍛錬と、SL始めジィ~ジをsupportしてくた仲間のお陰と、感謝感謝の1日でした。

|

« 白毛門山、二人連れ | トップページ | ヒメサユリと粟ヶ岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
傘寿=数え年80。来年の誕生日で、満80歳になられます。
戦争には、行かなかったとの事ですが、最後の予科練生
だったそうです。
私は、100%無理です。鍛え方が違ってます。
昨年は、谷川西黒尾根から茂倉岳縦走も一緒でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月29日 (木) 22:00

傘寿といえばS2生まれでしたか。父が生きていれば傘寿だったわけで・・・へぇ~すごい!(@.@;

投稿: sanae | 2006年6月29日 (木) 21:44

sanae さま
ガスで視界開けず、参加者の皆さんにはお気の毒でした。
でも誰一人、事故も無く山頂は踏め、まぁ由という事でしょうか?
S2年生まれの先輩と以前は、何回も重い荷背負って飯豊山塊へ
一緒に出かけたものです。節制すれば人間強いものです。
我々も頑張らなくては…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月28日 (水) 18:22

大変でしたね、お疲れ様でした。
悪天候の時は特に緊張しますが、リーダーはいろいろな気遣いをしますから大変だったとお察しします。
それだけに無事下山して、温泉と乾杯!もう何よりだったと思います。
それにしても傘寿の方まで・・・(@.@;
お元気ですね~
励まされます(^-^;

投稿: sanae | 2006年6月28日 (水) 16:14

heppocoさま
谷川岳の周辺の山々結構好きなんです。眺めも良いし、登り甲斐
有るし、白毛門や笠ヶ岳は、谷川の各沢が本当に目の前です。
只、電車の数が昔ほどで無いので…ACCESSが、ね~
ジィ~ジも行きたい山沢山有りますよ。heppocoさんは、まだ
先が一杯あるので羨ましいです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月27日 (火) 23:09

前回の白毛門は下見だったんですね!
結婚式の帰りに、わざわざ下見に行かれる輝ジィ~ジさんのような方がリーダーなら、私もジィ~ジの山岳会に入会したいくらいです(*^。^*)
いいお仲間に恵まれて、幸せですね~☆
輝ジィ~ジさんが何回も行きたくなる白毛門、いつか私も行かなくちゃ!
その前に、谷川岳も・・・う~ん、まだまだ行きたい山が沢山!

投稿: heppoco | 2006年6月27日 (火) 22:06

テントミータカさま
ご来訪感謝します。
LEADERと言っても、形だけ、つまり企画だけ…
参加者の皆さん自分の力量踏まえた人ばかり、それだから
結構楽なんですよ!!でも白毛門初めての方が数人おられ
お気の毒でした。確かに根性と体力年に似合わずあるわ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月26日 (月) 20:15

リーダーお疲れ様でした。この天候不良の中、アクシデントもなく皆さん無事、歩かれたこと、何よりの勲章と思います。
同じ山も三度登れば、流石に、展望は得られるでしょうから、楽しみは次の機会に・・・。(私の残雪の火打山がそうでした)。
やはり、つよいわ~、中高年岳人。

投稿: テントミータカ | 2006年6月26日 (月) 16:50

まゆ太さま
谷川岳、一の倉沢とか沢コースは別にして何箇所も縦走コースが
有ります。其の一つが白毛門からです。そして其の先に笠ヶ岳更に朝日岳・清水峠・蓬峠・武能岳・茂倉岳そして一の倉岳最後に、谷川岳へ繋がり、白毛門に戻ります。昔から岳人にすかれているコースなのです。前回の記事に笠ヶ岳そして朝日岳写真載せて有ります。一度は行ったほうが良いコースですよ!!
そうそう 飲みすぎはいけませんよ、、楽しくホドホドに

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月25日 (日) 21:14

輝ジィ~ジさん、こんにちわ。
今日はお山でしょうか?
わたしはこの週末は山はお休みです。
20人で雨の中おつかれさまでした。
雨降ってるとつらいですよね。
笠ヶ岳って、至仏山のおとなりの笠ヶ岳とはちがう山ですよね・・・?!って、初歩的な質問でおはずかしいのですが。

投稿: まゆ太 | 2006年6月25日 (日) 13:32

もうぞうさま
何時も有難う存じます。
volunteerの山の会ですが、何か有ると、困りますからね~
丁度東京へ行く機会が有ったから良かったです。
参加者の皆さん自分の力量知った人ばかりですから意外と
LEADERといっても、楽なもんです。ジィ~ジより、経験豊富且つ、
熟達者も大勢ですし…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月24日 (土) 19:56

なんと先回は、下見だったんですか。

それにしても20人も引率してのリーダーとは、なかなか大変なご苦労かと存じます。
お疲れ様でした。

投稿: もうぞう | 2006年6月24日 (土) 19:37

TiCAさま
仕事お疲れ様です。梅雨なのに今日の新潟朝から天気良く、
山へ行きたいところですが、実は明日日帰りで、白毛門の近くの
山へ行く事になっているので、本日は待機中なのです。
天気が悪いと、小心者のジィ~ジ大事をとって直ぐ撤退ですよ!!
少しでも安全に永く山楽しみたいですから…♪

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月24日 (土) 15:59

あらら?じぃ~じさんも今日は山お休みですか?
白毛門も以前から気になっていました。谷川岳も含めあのあたりは天気が悪いとすごい怖いようなイメージがあるのですが、じぃ~じさんのように何回もいかれているベテランなら全然OKなんでしょうね~。
山頂での写真がほんとに寒そう!お疲れ様でした~。

投稿: TiCA@仕事中 | 2006年6月24日 (土) 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/10656432

この記事へのトラックバック一覧です: 20人で白毛門山&笠ヶ岳:

« 白毛門山、二人連れ | トップページ | ヒメサユリと粟ヶ岳 »