« 指定型バトンが回って来たよ! | トップページ | 予定は蒜場山なのです。 »

2006年6月13日 (火)

1年ぶりの守門岳

毎年1度は登る守門岳。昨年は確か5月28日(土)

丁度1年振りです。

 ■ 守門岳 1,537m. 200名山

  所在地  長岡市(旧 栃尾市) 魚沼市(旧 守門村)

   日 時   5月25日(木)
   天 気    晴れ
   同 行    相方 2名
   行 程    二口登山口 8:30→護人清水9:00→谷内平9:30
           →滝見台10:00→青雲岳11:25→袴岳11:40
           袴岳12:25→滝見台13:45→登山口14:40
           実質歩行時間  約5時間30分弱
   高度差    約 1,050m.
   地 図    国土地理院1/25,000地形図 守門岳

別に意図したわけでなく、昨年と同時期と重なりました。

北陸道を中之島ICでおり、バイパス経由で栃尾そして旧 守門村へ、二口登山口まで、自宅から約2時間。

藤倉橋を渡ると、整備された駐車場と綺麗なトイレが有り、登山口の標識も有ります。

途中の道路脇には、まだ相当残雪残り、側溝は雪解け水で溢れそうな位、音をたて流れています。

山沿いの田は、5月末なのに田植えもまだ暫く先の様子。

駐車場には、先客?1台のみ。仕度をしていると1台の車が到着。

燕市からの同年輩の単独行の男性でした。

「このコース始めてで、先週も来て見たけど、登りはじめて直ぐトレースも無く、道分からず、撤退したので、今日また来て見た。出来たら案内して貰えませんか?」…との事。

「私達も雪の状態がわからないけど、行ける所までで良いのなら、ご一緒しましょう!!」と返事。

で、もって一緒に出発。

4.5分で急登の尾根に取っ付きますが、早速残雪歩行になります。今の時期、そして朝も早いのでかなり固く締まっています。
約30分で水場(護人清水) この先 トレースも無いと初めての人は、少しわかり辛いところです。
清水を越え、直ぐに左の尾根に取り付けば問題有りません。

若いブナの明るい林が続きますが、一旦ガスれば、方向が分からなくなる事、間違いない場所です。

  P1000025
丁度登り始めて約1時間、疲労を覚える頃に漸く、緩いブナ林の台地 谷内平に着きます。

ほッとするまもなく、先は再び、痩せ尾根を進まねばなりません。

道の両側には、イワカガミやイワウチワが残ってます。

豪雪の影響か?震災の所為か?随分荒れて、ゴロゴロした岩と赤茶けた粘土がむき出しで、登山道はところどころ寸断されてます。

約出発して1時間半 ほぼ中間点の滝見台に着きましたが、この辺りも昨年から比較すると相当荒れ、変わっていました。
 P1000031
  真ん中辺りに滝が… 見えるかな?

ここまで約半分ですが、これから長~い 長~い登りが待っているのです。

痩せ尾根が暫く続きますが、途中ブロック状の残雪箇所も有り、通過に注意を要する場所も有ります。

気温が上がったり、沢山の登山者が歩けば、直ぐにも落ちる事でしょう。

滝見台から小1時間で、大岳の分岐に繋がりますが、其の手前から青雲岳は全体雪原となっているので、方向見失う危険性極めて大きい場所です。

  P1000038
    青雲岳付近から大岳を振り返る。(右奥は粟ヶ岳)

守門大岳振り返れば、東洋一を謳う、さしもの大雪庇も殆ど落ち、上部に僅かに残っているだけです。

  P1000039

今回の目的守門岳(袴岳)は目の前です。

最後の登りの木道は雪も無く、付近は、小さなカタクリが一杯です。
  P1000040
山頂 到着です。途中の滝見台付近で単独行の方を追い越したので、
我々だけで静かな山頂を独り占めです。

  P1000041
     山頂標識と方位盤 (カメラ傾いた)

 気持ちの良い、青空の下、1本のビールで、相方と乾杯。
 持参の食料でお昼をユックリ取ります。

  P1000043
   山頂から向かいの浅草岳方面です。

小一時間のランチタイムを終えて、帰り支度。漸く単独の年配登山者が到着。
「お疲れ様です。」と労いの言葉をかけ、下山開始です。

青雲岳のなだらかな雪原から、大岳を望み、分岐に出ますが、
この付近余程注意しないと、方向を間違えそうになります。
  P1000046
    ツバメオモト

  P1000047
   分岐手前、大岳(右奥)の雪庇は殆ど落ちている。

いく手には、まだ6~7m.の圧雪として残っています。
この先暫く進み、左折しなければならないが、方向間違えやすい。

 P1000048
  下りは、滑らないように慎重に!!(ノーアイゼン)

 雪の無い登山道脇には、イワカガミや、イワウチワやまたミツバツツジなどが…

  P1000051

残雪のぶなの林を、愛でながら下ります。

なるべく進行方向左側に進まないと、道を間違う恐れ大です。

護人清水で喉を潤し、ペットボトルに一本詰め、登山口へ

   P1000053
    登山口標識 渓流釣の車が1台。

 時間が充分有るので、登山口近くで、フキノトウ、コゴミ、一本コゴメ(赤コゴミ)そして山独活を採取。

 これで夕食がまた楽しみです。

天気が良く、静かな残雪の山をたっぷり堪能、お土産付きの良い1日となりました。

来年は、元気であれば、有名ブロガーの、しげぞうさんのように、
久し振りに大岳の雪庇を見に行きたいものです。

      来年      鬼が笑う???。。

 

|

« 指定型バトンが回って来たよ! | トップページ | 予定は蒜場山なのです。 »

登山」カテゴリの記事

コメント

しげぞうさま
遅くまで仕事、お疲れ様です。
山と仕事と、超多忙 身体壊さないで下さい。
ジィ~ジ来週(日)は、平標&仙の倉です。
しげぞうチームは、さて???
来年の前に、紅葉の越後の山も、捨てがたいですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月19日 (月) 22:22

ひゃあ!文中に私の名前がっ!!!
私などの名前を出していただいてどうもすみません。
しかも、にわか新潟ファンで重ねてすみません。。。
でもでも、最近の締まった雪の上を歩いていると、守門やニ王子のときのサクサクした雪が恋しくなります~。当面あの感触がお預けかと思うと来年が待ち遠しいです。

大セッピの上を歩いてこなかったので(出っ張り具合が分からずちょっとビビりまして)、今度は安全そうなところでちょこっと歩いてみたいです☆彡

投稿: しげぞう@会社 | 2006年6月19日 (月) 21:35

まろんさま
残念です。文才無いなんて!ジィ~ジ如何すれば良いのでしょう?
年甲斐も無くと思われるでしょうが、若い人達から刺激を貰わないと
正直、流されてしまいそうになるんですよ!!
宜しければ、これからもお立ち寄り下さい。。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月16日 (金) 20:14

スミマセ-ン!前のコメントの中で
「出来ましたらURL教えていただけませんか!!」
ってコピーの消し忘れでした。
やっぱりブロガーへの道は果てしなく遠いようです。。。

投稿: まろん | 2006年6月16日 (金) 20:02

歯は治療継続中ですが少し落ち着いています。ご心配頂きありがとうございます。
出来ましたらURL教えていただけませんか!!
保久礼駐車場まで行けないのがチト残念です。ニ口から保久礼のミニ縦走、良いですね。ちょっと考えておりました。
URLの件、ブログ、HPともまだやっておりません。ブログ開設を真剣に考えたのですが文才なく、根気が無い自分では寂れたペンションみたく訪れる人もないのが目に見える故いまだ保留状態です。当分、身勝手なコメント魔と云う事でご容赦頂ければと・・・ゴメンナサイ(泣
今週末は中越の天気良さそうですが、ヤボ用で山歩きはお預けです。<ホントに残念! 長々とコメント失礼しました。

投稿: まろん | 2006年6月16日 (金) 19:52

まろんさま
駄ブログにようこそ、comment有難うございます。
TiCAさんやしげぞうさんのところで、良くお目にかかっています。
確か、歯痛だったと思いますが、直られましたでしょうか?
守門残念でしたね。今度お出かけの際は、二口から保久礼のミニ
縦走コースが宜しいかと思います。
出来ましたらURL教えていただけませんか!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月16日 (金) 15:29

初めまして!最近新潟の山に惹かれている埼玉のヘタレ・ハイカーまろんと申します。いつも輝ジィ~ジ様のブログを興味深く拝見しています。守門岳は是非登りたい山で、今週火曜日にニ口登山口まで行きましたがガスが深くて断念、好展望を期待して近々再チャレンジするつもりです。
じつは白毛門も候補の山のひとつなので、山行レポを楽しみにしています。

投稿: まろん | 2006年6月16日 (金) 11:00

tomomiさま
comment有難うございます。
守門岳またお出かけ下さい。無雪期は、二口コースからのミニ縦走が
宜しいかと思います。(個人的には)ぜひお揃いで、どうぞ!!
越後の山 手頃なところ結構有りますよネ。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月16日 (金) 07:12

こんにちは。
守門には今年の4月に行ってきました。雪庇は落ちてしまっているとしても、まだまだ沢山の雪ですね。
すっかり、お気に入りの山の一つとなったので、無雪期にも歩いてみようと計画中です♪
まだ、フキノトウやコゴミが食べられるんですね。うらやましぃ~

投稿: tomomi | 2006年6月15日 (木) 21:53

TiCA さま
comment 有難うございます。
今年紅葉season平日に、Y棒氏と是非、越後駒ヶ岳へ来て下さい。
そして、来年は守門岳や二王子岳等、越後の山で、残雪をたっぷり楽しんで下さい。
カメラ、値段の割りに機能多く、当然使いこなせま~せん。
別売りケース買えば、水中もOKらしい…でも当分、山が主体でしょうね!!勉強してみます。(?_?)


投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月15日 (木) 21:37

sanaeさま
守門岳、雪庇は5月の始めであれば、多分OK。。
ラッセルの必要も無いし、結構眺めも良いし、…
来年は、是非お出かけ下さい。場合に依れば、ご案内いたします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月15日 (木) 20:48

kurimammyさま
拙、駄ブログにお運び、有難うございます。
今年は、例年にましての豪雪で、ブロック雪崩で、岩や土砂が
一緒にもっていかれるんでしょうね!!
でも翌年には、樹木は無理でも花々は結構根付きますね!!
これからも暫くは、確かに色々な花見れます。
でも、三脚持参しないので…(腕も悪く)マクロ難しい。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月15日 (木) 20:20

heppocoさま
我家、年を重ねても決して仲良し夫婦では有りません。
只 経済性や、永年の習慣の継続が、今日の姿となっているだけ…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月14日 (水) 21:14

もうぞうさま
激励有難うございます。
でも山ばかり出かけ、不勉強なので、些かlevelの低さに
落ち込むこの頃です。気持ちと裏腹なかなか思うようには、行きません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月14日 (水) 21:07

こんにちは~。
残雪の山ってお天気がいいと本当に楽しいですよね~。守門岳、私もいつか東洋一の雪庇を見に行ってみたいものです。
うーむ、来年は新潟に通わなくては(笑

そうそう、新しいカメラはもう使いこなせてますか~?

投稿: TiCA | 2006年6月14日 (水) 15:08

守門岳はもうだいぶ前に行ったきりです。
私も雪庇を愛でに行ってみたいものですが、その時期の守門はもっと遠い・・・(笑)
今もまだ雪たっぷりですね。

投稿: sanae | 2006年6月14日 (水) 14:35

>天気が良く、静かな残雪の山をたっぷり堪能
お二人でゆっくり・・いいですねぇ
お天気良いのが一番ですよね

地震の影響 爪痕が残っているんですね
でもちゃんとお花も咲いていて 力強さを感じます。
高山植物もこれから季節毎の姿を見せてくれるんでしょうね

投稿: kurimammy | 2006年6月14日 (水) 14:08

お花あり、残雪ありのステキな山行でしたネ。
そして、私が注目しちゃったのは、「一本のビールを二人で」ってとこ☆
仲良しご夫婦、いいですね(^。^)

投稿: heppoco | 2006年6月13日 (火) 21:44

輝ジィ~ジさまも立派な有名ブロガーですよ。
いつも楽しみにして見させていただいております。

投稿: もうぞう | 2006年6月13日 (火) 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/10504454

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりの守門岳:

« 指定型バトンが回って来たよ! | トップページ | 予定は蒜場山なのです。 »