« 今年4度目の… | トップページ | 始めての 山 (八石山) »

2006年5月26日 (金)

会山行 鷲ヶ巣山

ジィ~ジの所属する山の会の会山行、今回のリーダーは友人のT氏です。

目的の山 鷲ヶ巣山  

参加者女性9名、男性15名計24名です。前夜の予報あまり芳しく有りません。

6時新潟駅貸切バス発着場出発。
DXバスで、車内では、コーヒー。紅茶、煎茶好きなものChoiceできます。
わいわいがやがや雀24羽です。賑やかな事!!

新発田市に入った頃から予報通り、雨ーーーあ~あっ
雪はまだしも,山行きに雨は、気を萎えさせます。

7時50分
奥三面歴史博物館前駐車場 着

霧雨状態の雨は、まだ降り止みません。
雨具を着て、出発準備です。
リーダーからは、空模様を見て、途中から引き返す事も有る旨、連絡有り。

 ■鷲ヶ巣山 1,093m.   
         岩船郡朝日村

 日時  5月13日(土)
 天候   小雨のち高曇り
 記録   登山口(沼田林道ゲート)8:00→見晴台8:45→
       避難小屋9:20‐9:30→前岳9:50→中岳10:35
       中岳10:45→鷲ヶ巣岳山頂12:00
       鷲ヶ巣岳山頂12:50→中岳13:55‐14:00→
       避難小屋14:55‐15:00→登山口16:00
 高度差  約1,000m.

      所用時間 8時間(休憩含む)
 地図   国土地理院2万5千分の1地形図 三面(北西

 

8時沼田林道ゲートからスタート、数分で登山口の標識が有り左折、暫くは緩い登りが続きます。
スタートから20分位で、幸いにも雨が殆ど止み、雨具を早速脱ぎます。

やがて直ぐに、急登の始まりです。
足元には、踏み場も無いほどのイワウチワの群生が、何百m.も続きます。
但し、数日前に咲き終わったのか?葉っぱと残骸ばかりです。

いい加減、顎が上がりそうになる頃、雨量観測計と、小さな古く、痛んだ避難小屋に到着します。
10分程休憩します。ホンの少し離れた場所に、水場も有ります。

ここから前岳へは、200m.強ほどの高度を一気にクリアーしなければなりません。いたるところにロープが繋がれています。喘ぎ喘ぎの20分です。おまけに滑りやすい!!

この辺り、ぶなの大木の新緑が、殊更鮮やかです。

前岳に着くや否や、痩せ尾根の急降下の始まりです。
(過って数年前の残雪期、ナイフリッジ冷や汗掻きクリアーした事を思い出しました)

何と、!!この先
約200m.弱下り、中岳へは350m.登り返さねばならないのです。
 
Cimg0461_1
前岳付近から、中岳。左奥には、朝日連峰が…
 (Tリーダーのデジカメ拝借して クリック拡大)

この先、恐怖のアップダウンが始まるのです。
 は~は ふ~ふ 息絶え絶えの50分です。

精魂尽きそうになってやっと中岳 着。
ここは、一寸した台地になっており、四周を見回す事が出来ます。

 Cimg0463
 右の鋭鋒は、光兎山(こうさぎさん)966m.
 奥にかすかに、飯豊連峰が… (クリック拡大)
  Cimg0462
  眼前には、1004m.ピーク 右手が山頂(クリック拡大)

1004m.ピークへは、またまた登り返しなんです。結構キツイ!!

1004m.ピークをクリアーすれば、後は痩せ尾根をただひたすら山頂を目指し登るだけです。
 Cimg0464
ピーク先には、残雪がところどころ…左側 切れ落ちています。
      (クリック拡大)

時々、両手・両足の四輪駆動で攀じ登り、山頂へ向かいますが、山頂騙しの小さなピークが2箇所ほど有り、容易に山頂を踏ませてくれません。

過去10回弱登っていますが、高度の割りに、難儀さを痛感させられてばかり…

それでも ついに 何と 予定にドンぴしゃり 12時山頂到着。
 Cimg0465
 山頂踏むメンバー 小さな石祠も (クリック拡大)

山頂狭く、皆 肩寄せ合い車座になり、かんぱ~い

何時ものように、各自持ち寄りの自慢の手料理の陳列で、宴の始まり。。

少し寒さを感じる風も出てきたので、虫も寄って来ず快適です。

小1時間の宴を終え、愈々下山開始。
 Cimg0470
 眼下には三面ダム (クリック拡大)
急登なので、下りが特に危険です。また登り返しの連続です。中岳では、往路の時間を殆ど短縮できません。

中岳から前岳へは、急降下そして辛い登り、登れば又下り、漸く避難小屋へ着きます。
最後の休憩です。相方がキンキンに冷えたGrapefruitを切ってくれました。
疲れきった身体に、グレープフルーツは生気をを与えてくれます。
我家の、常時携行品です。

休憩が終われば、ひたすら最後の力を振り絞りスタコラ登山口に向かいます。

結局 誰一人にも遭わず、我々のみ。 土曜日の所為か?難儀さの所為か?時季の所為か?
シズカな、静かな山を満喫する事が出来ました。

これまた、当初予定通り、4時Justに登山口に到着。

バスのドライバーが熱いお絞りを配ってくれたので、全員顔や手足を拭い、サッパリしました。

今回は、少し時間が遅いので、温泉入浴はしない事に…

靴を履き替え、帰り支度 バスに乗り込むや否や また宴会開始 500ミリ缶 新潟着くまで4本空けたツワモノも。。

難儀な山を登り終えた達成感・充実したようなメンバーの青年の様な顔・ヽ(^。^)ノ

事故も無く、天気にもそこそこ恵まれ 有意義な1日となりました。

 本日の 参加費 バス代込み お1人 2,400円 
           (バス片道2時間の距離)
* 鷲ヶ巣山メモ
  地元に根強く残る信仰の厚い山。過っては女人禁制
  地元では男子は念に1度登拝、前岳からは大小便は無論
  唾をを吐くのも不浄とされた。
  前・中・鷲ヶ巣三峰に仏像設置。
  飯豊・朝日連峰・鳥海山・以東岳が指呼。

 

 

 

 

 

|

« 今年4度目の… | トップページ | 始めての 山 (八石山) »

登山」カテゴリの記事

コメント

しげぞうさま
仕事に、ブログに、家事と超多忙なのにcomment有難う。
この山の登山口 三面ダム付近は、縄文人が住んでおり
多数の土器・石器が出ているんですよ!日本海に注ぐ川を
遡って標高約100m.位の地点からスタート。上り下りの激しさ
あまり他に例が無いでしょう。「新潟県の山」に紹介されている筈
時間が有れば、見てください。この山域は、朝日連峰に繋がっています。今の時期は、蛭出ますから避けた方がbetterと思われます。キツイから登る人少なく静かな山です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年6月 8日 (木) 21:44

今頃コメントしてすみません。
初めて聞く山ですが、やっぱり新潟の山はいいですね。また気になる山がひとつ増えました。朝日連峰、大好きなのです♪
しかし、、、この標高で標高差1000mって、どんだけ下から登ってんですか!!!(笑)新潟の山はこれだから・・・。
しかし大所帯でこれをこなされるなんてスゴイ!リーダーさんがしっかりしてらっしゃるからでしょうね☆彡

投稿: しげぞう | 2006年6月 8日 (木) 20:48

sanaeさま
毎度お世話様です。
紛らわしくて恐縮です。この時点では、まだ未購入でした。
私の所属する山の会≠山岳会は、全くVolunteer団体なので、
ツアー業者の料金の半額程度。年間200コース程の中から
行きたい山choiceする仕組みです。(年間計画有り)
鷲ヶ巣山は新潟県の北の端に位置し、麓の三面ダムは朝日連峰に
繋がっています。1,100m.の高度で頑張って登り4時間です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年5月29日 (月) 20:16

あら!リーダーさんのデジカメでしたか!
たしか買われたのでは?

投稿: sanae | 2006年5月29日 (月) 17:51

オニューのデジカメですか?
やっぱり映像のあるおかげで
やせ尾根迫力ありますね。怖そうです。
DXバス、サービス満点ですね。
会山行ですか?いいですね~

投稿: sanae | 2006年5月29日 (月) 17:46

テントミータカさま
comment有難うございます。
確かに鷲ヶ巣山は新潟市から約2時間朝日連峰の続き
殆ど東北ですよね!今回風が吹いてくれ、お陰でブヨ攻撃無し。
偉そうな顔している態度のでかいジィ~ジですが、
実は一番バテ気味だったかも…
石黒山ジィ~ジも何故か未踏なんです。新潟でも比較的マイナーな
印象です。きっと名前とACCESS的問題が原因?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年5月29日 (月) 07:30

新潟の山と言っても、ここまで来れば「東北」みたいな山ですよね。
凄いですね。24名様、無事、鷲が巣山、日帰り登頂ですか。(これだから、あなどれない中高年登山者・・・)。雪壁の写真にびっくり!!!。こちらも残雪多いですね~。

石黒山も登ってみたいんですよ、私。

投稿: テントミータカ | 2006年5月28日 (日) 22:47

heppocoさま
何時もお立ち寄りいただき有難うございます。
鷲ヶ巣山は、新潟の北の端で朝日連峰とつながる位置に有ります。
我会600人弱会員が居ますが、力量的に似た会員の参加なので、
割合足並み揃うのです。会はvolunteerみたいなものですから、
参加料は、実費なんです。業者のツアー料金見たりすると些か
首を傾げたくなります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年5月28日 (日) 20:51

いよいよ写真復活ですね~☆遠くの飯豊もちゃんと見れました。
24名の大所帯なのに標高差1000mを一緒に登ったり下ったりできる・・・、いい山岳会なんですね。

そして最後の参加費2400円・・・・リーズナブル☆

投稿: heppoco | 2006年5月27日 (土) 21:41

もうぞうさま
何時も有難うございます。
鷲ヶ巣山、正直難儀な山です。山3ッ登る感じ。
デジカメは、Lのものですが、勝手に取り上げてしまいました。
使い方良く分かりませんね~
一応最初の写真の下に、ぽちっと書いておきましたんですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年5月27日 (土) 21:33

大変な山だと聞いております。
ところでカメラはどうされたんでしょうか?
良く読むと書いてあるのでしょうか?
写真を見るのは好きなんですが、文を読むのは苦手なんです。

投稿: もうぞう | 2006年5月27日 (土) 20:01

noritanさま
流石、弟君若いし体力有るので、結構平気な顔でした。
これからも会の存続・発展に力発揮して貰わねばなりません。
鷲ヶ巣山難儀ゆえ、其の分見返りも大きいです。
静かな山で、飯豊・朝日眺めるのも格別です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年5月27日 (土) 10:29

ジィ~ジ様

我が弟がお世話になりました。

私は数年前、仲間で行きました。
こんな辛い山(山3つ登る)もう2度と行かなくても良いと思いました(ーー;)

でも眼下にダム湖が見えて良かったでした。

投稿: noritan | 2006年5月27日 (土) 02:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/10236366

この記事へのトラックバック一覧です: 会山行 鷲ヶ巣山:

« 今年4度目の… | トップページ | 始めての 山 (八石山) »