« ある日のランチ | トップページ | 西蒲三山名残りの花 »

2006年4月12日 (水)

箱根は金時山

長女に孫の世話を依頼された相方。ジィ~ジは運転手兼付録で上京。

ついでに?久しく顔を見ていない某自動車メーカーに勤務している長男の様子を見ようか!!と言う事で、予定を2日早め自宅を出立。

中央道から、河口湖、山中湖、御殿場と秀麗な富士山を眺めながら、夕方 倅夫婦の住んでいる富士裾野市に到着。
倅は当然仕事。
嫁さんが迎えてくれ、近況報告を受ける。
7時頃、倅帰宅。 (通常よりかなり早目らしい。。) 
嫁さんの手料理と若干のアルコールで、好い気分になる。
嫁さんは少々飲めるが、長男は、両親にも祖父母にも似ず、殆ど飲めない。。(少しくらい練習しろ!!)

TVの天気予報〝明日の朝は1点の雲も無いでしょう〟
   
 ホンとかね!!

3月29日(水)
8時前、長男出勤。
ジィ~ジと相方は暇。
ここまで来たんだから、伊豆へ出かけ天城山でも登ろうか!!
でも伊豆へ行くなら矢張り温泉セットでユックリと過ごしたい。
新鮮なキンメ鯛も食べたいし…

てな訳で、、、
とどのつまり手近な処は??
愛鷹山や、石割山方面も行ってるし。。

最終決定 金時山

嫁さんを誘ったところ、「私も行っていいですか?」 勿論 大歓迎
結局 3人で出発。
途中コンビニでおにぎり買って…

今回は、超ビギナーと一緒なので、尤もPopularな金時神社コースを選択。

天気予報全然狂い、天空は薄雲が拡がっています。

 パーキングに車を止めて、出発準備。

9時35分 スタート

公時神社に手を合わせ、3人でなだらかな登山道を進みます。
18_058
登りはじめ暫くすると、金時宿り石が現れます。
平日なので、結構静かです。

ユックリユックリ50分程で分岐合流点。
ココからやっと少し、山らしくなり山頂まで最後の登り。

10時40分 山頂到着。

天気予報と大違い。雲は色を濃くし、遠くでは雷の音も聞こえます。
もちろん富士山の姿は、拝めません。
でも、著名な山です。平日に関わらず、乙女峠コースや彼方此方から結構なハイカーの数です。

当然 折角の機会です。金時茶屋に入り、金時娘さんのお顔を見させてもらい、名物?味噌汁(¥300)をオーダー
店内は常連さん始め、大賑わい。天井から回数名札が無数に下がっています。
最高は3000回だったかな??

(谷川でも2000回おじさんとか、弥彦でも1000回とかいろいろですね!ジィ~ジも角田山なら通算200回は登っているかな!!)

18_060
仙石原&芦ノ湖方面
黒い雲で上空は覆われている。

1時間ほどユックリ休んで下山開始。
分岐合流地点から矢倉沢峠経由で下ります。
18_062
なだらかでユッタリ、マッタリ 好い気分です。

仙石原の別荘地へ下り、バス停1個分戻り、駐車場へ。

金時山からの富士山見たかったけど((ー_ー)!!
でも仕方有りません。またの機会に!!

帰りは、芦ノ湖へ立ち寄り、更に芦の湯温泉の老舗旅館で1風呂浴びます。

湯上りでさっぱりしたところで三島経由帰路につきます。

時間も早いので、国道1号線数多くの車で混雑しているその傍らに忽然と姿を現す、柿田川湧水群へ立ち寄ります。
18_064
18_065
清冽な水が尽きせず湧き出しています。
こんな賑やかな場所なのに???
イツまでも残って欲しいものです。

嫁さんを裾野の住いに送り、
ジィ~ジと相方のバァ~は 裾野ICから東京へ向かうのでした。

          天気予報 嘘つきメ !!!      お終い

|

« ある日のランチ | トップページ | 西蒲三山名残りの花 »

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
嫁さん水泳と筋トレして、富士山だけはどうしても登る積りらしい!!
倅は、小学校の時からサッカー漬け。。今も休日は、クラブチームと少年サッカーのコーチかなんか…
二人で山やる予定さらさら無しでしょう。
今度は、始めからキンメ鯛コース予定します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月16日 (日) 07:29

輝ジィ~ジさま
お嫁さんもこれを機会に山に目覚めてしまうかも?!まゆ太はダンナさんのおばあちゃんに影響されて山登りに目覚めましたから!角田山200回ってすごいですね~。ジィ~ジさん、ごひいきのお山、ぜひ行ってみたいです。
#次回はぜひ伊豆のキンメ鯛を!!

投稿: まゆ太 | 2006年4月15日 (土) 11:48

heppoco さま
有難うございます。
嫁さん、水泳や筋トレで身体を鍛え、一緒に
富士山登りたい!!なんて手紙が来ました。
まぁ 好い事だとは思います。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月14日 (金) 22:47

こちら方面にいらしてたんですね~。
ついでに金時山に行っちゃうところが、ジィ~ジさんらしい(*^_^*)
これでお嫁さんも、クセなったりしませんか?
親子で山歩き、いいですね☆ウチの両親はもっぱら、はとバスツアーでくつろぎ観光です・・・

投稿: heppoco | 2006年4月14日 (金) 22:12

山いろいろさま
もしかしたら角田よりも楽かも…だから3,000回とか、
眺めは好いし、温泉地ですから人気高いの当然なのでしょう。
倅に子供が居ないので、部屋数少なくて、矢張り度々はネ!
離れて暮らしているから、たまに気を遣ってくれる??
なんと言っても自分の家が1番です。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月13日 (木) 20:37

高名な金時山は、もっと難しい山かと思っておりましたが、簡単に登れるんですね。
わざわざではなくて、ついでの時に登ってみたい山だなぁ。
輝ジジさん、いっそ冬はあっちに住む事にしたらいかが?季節に応じて、最高の住まい方が出来そうだけど。

投稿: 山いろいろ | 2006年4月13日 (木) 10:35

赤鬼さま
goodmorning&welcome
金時さん、頑張って仕事してましたヨ!
「4月1日12チャンネルで放映されるから見てね!」なんて
言っていました。1日たまたま秩父の温泉で見ました。
伊豆箱根のお得な情報番組だったようです。
花見しなきゃね~一杯やりながら!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月13日 (木) 09:02

noritanさま
倅に子供がいないので住んでいるところが狭いのが難点。
でもあの辺り、Location的には魅力有るところと思います。
柿田川に変化が起こらねば良いが…と願います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月13日 (木) 08:52

sanaeさま
お早うございます。comment感謝です。
天気予報、珍しく断定していたのに、一寸ムカッ(笑い)
嫁さんも気軽についてきてくれました。好い嫁さんです。
これからも身体が続けば、Chanceはまだ何回かは…
柿田川何時までも残って欲しいモノと思います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月13日 (木) 08:47

転んでも、ただ起きないねえ。金時婆じゃなかった、金時娘
は元気でしたか。天気悪くて残念でした。内心ざまあみろ。
うそだよう。新潟もやっと、桜が咲き始めたねえ。朝の散歩で毎日チェックしてるよ。飯豊も大分黒いところが見えてきた。

投稿: 赤鬼 | 2006年4月13日 (木) 07:03

富士を眺めるエリアは大のお気に入りエリアなので「金時山」は私も2回行っています。

柿田川湧水群は昨年、会山行で「愛鷹山」に行った折に見学してきました。

でも富士の近くに息子さんが住んでいるなんて超羨ましいですよ!!

http://noripi-49.at.webry.info/200512/article_9.html

投稿: noritan | 2006年4月13日 (木) 03:42

こちらでしたか。
お天気生憎で残念です。
金時山からの富士山は見事ですのに。
でもまた素敵なお嫁さんとどうぞ!(^-^)
柿田川湧水群は先日のプレミアム10でも写っていましたね。
私も行ったことありますが、不思議な現象です。
きれいですよね。

投稿: sanae | 2006年4月12日 (水) 22:43

テントミータカ さま
流石です。数回も…とは(吃驚)
次回は、お薦めの明神岳へ回ってみましょう。それと
金太郎茶屋へも立ち寄ります。
日本海側に住んでいると、殊更富士山に畏敬の念を
抱きます。汚さないで欲しいですね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月12日 (水) 22:13

金時山、なっつかし~。昔々、数回歩きましたよ(最新でも十年前)。山頂の二つの小屋にそれぞれファンがいて。(私は金太郎茶屋のほうでした・・・最初に登った時、焼餅や甘酒をご馳走になったご縁で・・・)。
ファミリー登山にふさわしい山ですね。またの機会に富士山の展望と明神岳への縦走など、お勧めです。

投稿: テントミータカ | 2006年4月12日 (水) 21:59

もうぞうさま
何時も有難うございます。
確かに、嫁さんまで気を遣ってくれて
幸せな事かと思います。
特に趣味の無い小生を山に引き込んだのは家内の
策略でした。でも今は有る意味生き甲斐の一つに…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月12日 (水) 20:31

いいですな~~~
奥様と趣味があって・・・
それに今回は、お嫁さんまで!

投稿: もうぞう | 2006年4月12日 (水) 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/9548870

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根は金時山:

« ある日のランチ | トップページ | 西蒲三山名残りの花 »