« 今年の桜 (新潟近郊編) | トップページ | 飯豊山塊 西俣ノ峰 »

2006年4月25日 (火)

越後白山(今年2度目)

本年1月13日(金)以来2度目の越後白山です。

4月19日(水) 曇り 同行者 赤鬼氏 美女2名 4名

天気予報は、久々の晴れマークとなっていたのに、予報に反し、どんよりとした曇天、生暖かい風、山を登るには、イマイチの感を覚えるお天気となりました。
前日は黄砂も観察されたり、その影響もまだのこっているようです。

 7時50分 慈光寺前
4月も下旬に入り、当然ながらスッカリ門前の雪も消えてしまっています。
例により、何時もの長靴に履き替え、出発です。
平日のせいか?先達の車は先の沢筋空き地に2台のみ。。
18_017
慈光寺門前
(クリック拡大)

 

8時05分 一合目
ここから3合目までは、ところどころロープも点在する急登となり、登りはじめて直ぐなので調子もでず、結構キツイ行程となります。雪は谷合、沢筋にまだ残っていますが、登山道には有りません。
時折、向かいの田村線の谷筋では、小さな雪崩の音も聞こえます。
登りはじめと同時に、道の両側には、足の踏み場も無いほどのイワウチワの群生が続きます。白からピンクがかったもの一斉に咲き誇っています。
18_021
イワウチワ ピンク系   (クリック拡大)

 8時35分-8時40分
ここで何時も小休止。ムシムシするので半袖のアンダーシャツ1枚になりました。

 9時05分 6合目
3合目から6合目までは、比較的歩き易い緩登となります。
6合目辺りから先は、残雪が現れ、雪上歩行となります。
ところどころに、ワレ も見受けられ、春到来を感じさせられます。
18_025_3
残雪出現。
(クリック拡大)

これから先は、8合目まで小さなピークを三つほどクリアーします。
9合目付近からは、広く緩い登りとなります。悪天候の場合注意を要する箇所です。
樹木も依然雪の下で遮る物も無いためか?漸く風を肌で感じます。
行く手に山頂避難小屋も見えるようになります。
18_027_1
雪も大分汚く!!
黄砂の影響も!!
(クリック拡大)

 

9時55分 山頂 避難小屋着
18_028  
(クリック拡大)
お天気予報と相違、一寸残念。
小屋の周りも雪がなくなりました。
前回は、勿論2階から出入りしたのですが…この度は1階から。。
粟ヶ岳も霞んでハッキリしません!!
小屋の中で早速、500ミリ1缶一気に飲み干し、(日帰りなので1本で我慢)ユックリと早めの昼食。
持ち寄りのお手製の品の数々で満腹状態。シッカリと持参したものは各々のお腹に納まりました。

「あ~だ」の、「こ~だ」の話し込んでいるうちに、数組のパーティーが到着。更に賑やかになりました。
(当然ながら中?高年ばかりですが)

  11時20分 下山開始
充分腹も満たされ、好き勝手な話もし、STRESS解消したので下山開始です。
下りは、田村線を選択。
残雪の急斜面をトットコと下ります。
18_030
トットコトットコ
(クリック拡大)

18_032
 7合目
天狗の腰掛
(クリック拡大)

5合目を過ぎ、4合目手前位までは、まだ相当残雪有りです。

12時30分ー40分 3合目
休憩コーヒータイムを取ります。
山桜も見事に開花していました。
4合目からは、尾根線と同じく、両側にはイワウチハが乱舞していました。
更に下ると、赤みがかったショウジョウバカマも沢山。
18_036 ショウジョウバカマ
ピント合わず!!
(クリック拡大)

 

12時50分 慈光寺 山門前着
18_037_2
 古刹 慈光寺を訪れる人達も結構有りました。

イワウチワ、ショウジョウバカマ、山桜そして残雪を充分堪能して、更に腹も充分満たし、満足感に浸りながら帰路に着きました。

     お終い

      前回の記事はコチラ

 付) これから先暫くすると、この山塊  が出るので注意を要す。

|

« 今年の桜 (新潟近郊編) | トップページ | 飯豊山塊 西俣ノ峰 »

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさま
丹沢は蛭が岳の名の通り、結構出るらしいですね!
二王子は先ず出ませんが、白山近郊や川内山塊更に
朝日連峰に近い鷲ヶ巣山辺りも出ます。一寸湿り気がある場所にはどうしてもでてきますね!!不快です。
イワウチワの群生オーバーでなく、足の踏み場も無い位です。
近々蒜場山ACCESS確認して連絡します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月28日 (金) 09:46

まゆ太さま
仕事帰りで、お疲れのところcomment頂戴、感謝です。
新潟の山まだまだ残雪有りますが、段々雪が汚れてきました。
でもイワウチワ始め、これから花が沢山楽しめます。
GW西方向、大山or九州?でしょうかね。。
好天に恵まれて欲しいもんですね~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月28日 (金) 06:53

輝ジィ~ジさん、こんばんわ~。ちょっとコメントご無沙汰いたしました~。みなさまのブログを拝見しておりますと、もう春だな~という気分にさせられますが、新潟はまだまだ雪山なのですね!黄砂の影響、出ているのですか。中国からはるばる飛んでくるのですよね~。すごい風だなぁ。

投稿: まゆ太 | 2006年4月28日 (金) 02:31

蛭が出るのですか・・・(~_~;)
コチラの丹沢の方でも場所によっては出るようですが、幸いまだ出会った事がありません。でも嫌ですね~
二王子でもイワウチワの蕾をいくつか見ましたが、群生している姿は見事でしょうね。見られなくて残念でした。

投稿: sanae | 2006年4月27日 (木) 23:17

穂高&Kさま
ご来訪有難うございます。
イワウチワ越後の山は、今何処にでも有ります。
来年特にお薦めコース選定しますので、是非!!
もう暫くすると、シラネアオイとヒメサユリ。
GWのご予定は、決まりました??
コシノコバイモ=越の小貝母

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月27日 (木) 10:36

国上山のコシノコバイモ、大感激でした。
次はイワウチワと思っているのですが、なかなか機会がありません。じぃ~じさまの写真で楽しんでおります。

投稿: 穂高&K | 2006年4月27日 (木) 09:22

もうぞうさま
場所によりますが5月から11月頃まで居らしゃるようです。
>話によれば、2~3番手が一番危ないとか?
小生一寸分かりません。昔、宝蔵山で20人位被害にあったのに、
何故か?ジィ~ジだけは…きっと小生の血 不味いんだ!!
不快ですよね!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月26日 (水) 21:06

そんなに早い時期から、ヒルがお出ましになるんですか?
10月の好天が続いた日でもお出ましになった事があります。

話によれば、2~3番手が一番危ないとか?
でもこれ、本当ですか?

私粟ヶ岳でやられたことがあります。

投稿: もうぞう | 2006年4月26日 (水) 20:34

山いろいろさま
白山イワウチワが見事です。雪は随分解けました。
GW過ぎると、愈々蛭さんお出ましになるかもしれませんね!
今年の春は全体的にスッキリしない天気が続いていると
思いませんか?
坐骨神経痛で左足から腰調子悪く困ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年4月26日 (水) 14:43

六合目まで消えたとは、白山の春も確実に進んでいますね。そして、ヒルが出るのは何時頃からなんでしょうか?
もう、秋までは登れませんね。

投稿: 山いろいろ | 2006年4月26日 (水) 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/9765372

この記事へのトラックバック一覧です: 越後白山(今年2度目):

« 今年の桜 (新潟近郊編) | トップページ | 飯豊山塊 西俣ノ峰 »