« モンスター求めて(西吾妻山) | トップページ | 角田山にも春が… »

2006年3月11日 (土)

菱ヶ岳・越後新潟里山の雪パート2

雪深い越後にも、確実に春の足音を感ずる今日この頃です。

でも それでも 未だ未だ雪を楽しむ事の出来る 山は幾つもあります。

今回は、TARGETを菱ヶ (974m.) と決めました。

 3月5日(日) 天候 晴れ 同行O夫妻 T氏 我家 計5名

 7時05分 旧 五頭スキー場P
時間が少し早い為か?何時もは混み合う駐車場も、車はマバラです。
鋲つき長靴に履き替え、出発準備。。
先に着いていた人達は、皆さん五頭山へ向かいます。
前夜 少し降ったので無論トレース有りません。

 7時15分
若干 抜かるので、最初からワカン着装で歩き始めます。
新雪有るも、膝上ラッセルするほども無く、気持ち良く、ワカン歩行が出来ます。
18_001
なだらかな尾根歩きです。

 8時50分~
途中休憩含め、1時間40分程で、最大の難所 杉ノ鼻 の壁が立ちふさがります。
18_006
前方、右手に杉ノ鼻が…
先導者が居ない状況下では、ジィ~ジの体力と技術では残念ながら到底クリアー出来る場所では有りません。今回も、経験と技術を兼ね備えたO氏におんぶに抱っこです。ワカンを確実に蹴り込み、且つ安全な箇所を見つけながら慎重に、確実に壁に向かいます。後に続くジィ~ジ時々ズルッと滑りそうになる事も…
高度差30m.程ですが、O氏10数分の格闘です。

  *10年程前 足場がシッカリついている時でしたが、今の時期ジィ~ジも知り合いの女性が、単独行で来て下山時、この脇の辺りで滑落。ジィ~ジも捜索に出た事がありました。
1ヶ月後に、雪に埋まっているところをHelicopterが発見しました。

ここをクリアーして、尾根筋にブナ林のピークを3箇所走破し、最後の急登を詰めれば、山頂です。
18_012
最後の急登が始まります。

 10時20分 山頂到着
O氏中心に約3時間強のラッセル、アルバイトです。
杉ノ鼻、我々5人の足跡のお陰とは言いたくありませんが、山頂到着に近づくに連れ、チラホラと後続が続いて登ってきます。
アイゼン着装の男性が、我グループに挨拶、感謝の意を表し、先へ進んでいきます。
18_018
山頂到着の様子。
折角難儀して登り、そのまま下るのも芸が有りません。そのまま向かいの五頭山へ向かう事に…
18_021
行く手に飯豊を望みながら、ルンルンと尾根歩き。。
18_024
お天気上々 気持ちイイ!!
18_026
飯豊五頭山が呼んでいます。
帰り急ぐ訳で無し、途中で早めの簡単な昼食を採ります。
後から、何組かのパーテーもやってきます。

しかし 驚く事に、ワカン スノーシュー アイゼンも持たないで来る連中すら居ます。無論当たり前の如く何の挨拶も有りません。雪山へ来るに、遅く出かけ他人のつけたルートを利用するにせよ、向かいの五頭山往復ならまだしも、有る意味、命がけで道付けしたのに…幾ら好天であれ、山を舐めすぎているのでは…自分達が先導であれば、当然ここまでたどり着く事は、100%不可能。。
何を考えて来るんだろう???

18_027

18_033
五頭山
方面向かう登山者。
18_035
雪の感触を楽しむ我チーム
18_037
前方は飯豊連峰ですよ!!

 12時35分 五頭山 ゼロ峰
18_041
ピークが、ゼロ峰。。
三の峰には、相変わらず多数の登山者が銘々思い思いに、楽しんでいます。
風も無く、穏やかな1日です。
18_047
三の峰の蒲鉾型避難小屋、雪の下ですが、地元山岳会が掘ったのか10m.程、横穴が上手に入り口まで…
最後の名残の休憩 コーヒータイムをユックリ取り、往路を振り返り、また飯豊を愛で下山開始。

 13時 五頭山三の峰出発
下りは、脱兎の如く…

 13時45分 どんぐりの森登山口 到着。

 14時駐車場
帰りは何時もの通り、村杉温泉 川上豆腐店に立ち寄り、豆腐の試食、豆腐と三角揚げを購入。あわせて、おからを袋詰めに。。

 感想
前日若干降ったので、新雪も鮮やか、難所杉ノ鼻最初にクリアー。天気も最高。。今年最初の菱ヶ岳。
飯豊の全容と全てに満足の1日となった。(酒の肴の三角揚げも!!)

 さて 次は何処に行こうかな??

 

|

« モンスター求めて(西吾妻山) | トップページ | 角田山にも春が… »

登山」カテゴリの記事

コメント

welcomeしげぞうさま
このコース守門とは又、少し趣の異なる尾根歩きで、
飯豊はじめ、眺めも良いし、お薦めのコースです。
避難小屋への横堀、あまり上手で、ジィ~ジも吃驚でした。
二王子日にち決まったかな?晴れると良いね!!
新潟まだまだ雪山楽しめるところ多々です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年3月14日 (火) 20:01

じぃ~じさま、こんにちは。
菱ヶ岳レポ、興味シンシンで読ませていただきました♪やっぱり新潟の雪山はフカフカしていそうでいいですね~☆彡
雪の降る日が多い分、晴れた日の美しさは格別ですね!

それと、五頭山まで縦走されるとはサスガですね~!やっぱり雪山経験が違いますものね。素晴らしいなあと思いました。

・・・個人的には蒲鉾型避難小屋の洞窟写真にビックリ!入ってみたい♪(笑)上手につくってありますね、ホント。秘密基地みたいです☆彡

投稿: しげぞう | 2006年3月14日 (火) 13:11

11日は、野暮用有り、山はお休み。。
でも全然声掛けてくれないだもんね!!(ー_ー)!!
大蔵~菅名楽しかったようで…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年3月13日 (月) 08:31

11日に弥彦でユキワリソウを見てきたが、今朝は一面銀世界、まったく変な天気だ。ユキワリソウも首を引っ込めただろう。良い天気でよかったですな。

投稿: 赤鬼 | 2006年3月13日 (月) 06:41

COMMENT有難う まゆ太さま
新潟や福島の山ヤさんで、飯豊ONLYの方、
結構多いんですよ。残雪時季しか行けないコースとか、
花の有る時期とか…確かに魅力満載の山塊です。
只、少し荷が多く、重くなりますが。。
是非とも何時か、計画立ててみて下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年3月12日 (日) 22:08

輝ジィ~ジ さま、こんにちは。
今回も素敵な新潟のお山の紹介、うれしいです。
また、雪山の美しさを教えていただいたとともに、雪山でのきちんとした心構えも勉強させていただきました。
ところで、「飯豊」の文字が大きくなったり濃くなったり、まゆ太は餌が落ちてくるの待つ、釣り堀のお魚さん状態であります。。。

投稿: まゆ太 | 2006年3月12日 (日) 16:58

heppoco 様
新潟近くに結構残雪時まで楽しめる山、結構数多く
有るんですよ!!雪の後には花も楽しめるし…
近いからぜひど~ぞ
先般ココログ、メンテナンス長引き、大TROUBLEでした。
もう少し、niftyさんシッカリしてほしいもの!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年3月11日 (土) 22:21

こんばんは。
タイトルは「里山」だけど、写真で見る限りでは
すごい雪山に見えます・・・・こんな場所に日帰りで出かけられる輝ジィ~ジさん、羨ましいです(*^。^*)
お天気にも恵まれてヨカッタですね☆
一つ前の記事に「お天気がイマイチでも、充分ステキな山の写真です」って書いたら、UPされていませんでした・・・^_^;

投稿: heppoco | 2006年3月11日 (土) 21:54

もうぞうさま
今の時期、新潟の山は、全国的にも素晴らしいと
思います。近ごろ天気の良い日が続き、ありがたい。
角田で昨日、越のカンアオイ沢山見ました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年3月11日 (土) 20:37

こんばんは。
いつもの事ながら、感心して拝見させて頂いております。
お疲れ様でした。
でもいい天気に恵まれてよかったですね。

投稿: もうぞう | 2006年3月11日 (土) 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/9041286

この記事へのトラックバック一覧です: 菱ヶ岳・越後新潟里山の雪パート2:

» 下越の山:蒜場山&菱ヶ岳〜五頭山 [気楽に山歩き]
お花目的で今回は行ってきました。  一番の目的は蒜場山のシラネアオイ!  これがジャストミートで最高でした♪  そればかりでなくいろいろなお花に出会えて満足!満足!  これからはお花の名前を調べるのが大変ですね・・・  もう一つの目的は歩いた下越の山々を、気になった別の山から眺めること!  それは二王子岳に登った時から始まった・・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 09:33

« モンスター求めて(西吾妻山) | トップページ | 角田山にも春が… »