« ここ暫く… | トップページ | 厳しさ体験 八ヶ岳 (後編) »

2006年2月14日 (火)

厳しさ体験 八ヶ岳 (前編)

体調・気象条件・野暮用…等の理由に依り、このところ山とは縁が切れていましたが、矢張りどんどんSTRESSのPowerがUpして精神衛生上かつ健康維持管理上よろしくありません。

そこで色んな理由の為、何回も延期していた八ヶ岳赤岳山行を実施する事に…

メンバーは10人の予定でしたが、急に仕事が入りパスのおじさん(≠おじいさん)、更に風邪で体調崩したおばさん(≠おばぁさん)と最終的に8名 男性6名女性2名の仲間です。

2月11日(土) 5時30分 新潟西IC
そぼ降る雨、そしてまだ明けぬ暗闇の中、関越道を進みます。米山を過ぎた辺りから漸く薄明るくなってきます。
北陸道に変わり上越JCから更に長野道へ、妙高周辺の高速道は除雪で3m.以上の雪の壁の連続です。
やがて長野県に入り、中野辺りからは天気も一変、青空が拡がりだします。雪も無く新潟と様相が全く異なります。それでもこのところ暖かい日が続いた為か?高い山々の頂きは何処も例外無く、ガスの帽子を被って眺望は一寸… 姨捨SAで休憩と軽い朝食を終え、諏訪南ICへ向かいます。

9時15分ー9時30分 美濃戸口
時間的にまだ早いのか、駐車スペースはかなり余裕有ります。
早速 集金おじさんが料金徴収にやってきます。普通車 1日500円也
料金支払、出発準備です。アイゼン着装の登山者も居ますが、我々はツボ足です。

1昨年以前の数年間 1月の新年登山は、八ヶ岳を定番としてきましたが、今回2月、思ったより駐車場への道路の凍結状態は緩い様な感じです。
18212
駐車場の様子と、準備する相方。
身支度整え、出発です。後から時折、強馬力の車が我々を追い抜いていきます。轍で林道はツルツル、テカテカ間道を利用したりし、先を急げば50分ほどで、やがて やまのこ村到着。

10時25分ー10時35分 やまのこ村
小一時間歩いたので、コーヒータイムと洒落ます。
車もここが終点。駐車料 1日1,000円也

再び歩を進めると、直ぐに美濃戸山荘があります。何人かの先達が休んでいます。
この先からは、北沢ROUTEを選択です。踏み固められた雪の上を靴音鳴らしながら進み、堰堤広場のかなり手前で、ランチタイムとします。ユックリ腹ごしらえ、風もあまり無く、寒さを感じませんが、山の頂きは、ガスを被りいまだ顔を見せません。ふたたび 歩き始めます。
18212
堰堤広場脇には、さわのひとし氏イラストの、赤岳鉱泉の雪上車が…
我チームは、橋を渡り、沢沿いに赤岳鉱泉に向かいます。
18212
新雪を被り、身を射すような清冽な流れです。
18212
やがて前方に、ガスの切れ間から大同心が頭を出してくれました。
ここまでくれば、赤岳鉱泉間近です。

12時40分 赤岳鉱泉到着。
18212
丁度 大同心小同心から横岳そして天望荘の辺りまで(*^_^*)を出してくれました。
早速宿泊手続き、そして個室へ案内されます。

小屋主の柳沢氏の顔も見えず、従業員も何時もと様子が違っています。
何かあったのか?と思い尋ねたところ、ここ暫く暖かい日が続いたが、9日に久し振りに数十センチの積雪が有り、それが原因か、昼前に硫黄岳への途中の、赤岩の頭付近で表層雪崩が発生、数パーテーが巻き込まれ、救助活動の最中の由、(道理でヘリの音がしていたのだ。)
幸い目撃者情報により、巻き込まれた人数も把握されており、怪我人は何人か出たようだが、殆ど全員救助されたようだ…との説明。

小屋での夕食までは、まだ時間はたっぷり、宴会するにも矢張り早すぎるし、翌日晴れる保証も無い、今日のうちに冬山の感じを見ておこう!と再び靴を履く。

1時30分 小屋ー2時05分 中山展望台ー2時25分 小屋
小屋から、約30分で中山乗越(2,390m.)更に2,3分で中山展望台です。
ガスがなかなか晴れませんが、硫黄岳から大同心・小同心、横岳そして天望荘と眼前に、間近に迫り,冬山の厳しい様子が手に取れるようで圧巻です。ただ残念ながら赤岳山頂付近は、相変わらずガスがまとわりついています。
18212
硫黄岳から大同心
18212
眼下には行者小屋、赤岳山頂、阿弥陀山頂はガスの中、中岳は見ることが…

3時~
持ち寄りの清酒、ウイスキー、ビール、焼酎そして酒の肴で、宴会開始。
相当好きな連中ばかりです。アルコールもはかどり、話も尽きることなく弾みます。

5時半前に、夕食の案内有り。献立はホッケの焼き身そして海鮮鍋です。何時もながら山小屋にしては、豪勢かつ美味で感心させられます。無論ここでもワインで改めて、カ ン パ イ!
18212 

夕餉の様子。

小屋主の柳沢氏が各テーブルを回り、雪崩の状況説明とコース変更アドバイス。説明によれば我々の予定する地蔵尾根コースも雪崩発生の危険性大との事。勿論アドバイスに従い、文三郎尾根往復に変更と決定。

腹も一杯満たされ、部屋へ戻り話の延長。やがて心地良い疲労感と満足感を味わいながら、清潔なふかふかな布団で寝床の用意。
8時過ぎには、気持ち良さそうな寝息(イビキ?)も聞こえ出します。    就寝。。

9時 消燈   前編おしまい。。。

|

« ここ暫く… | トップページ | 厳しさ体験 八ヶ岳 (後編) »

登山」カテゴリの記事

コメント

neko さま
拙 駄Blogにようこそ
山いろいろ氏からでしょうか?
小生も早速、貴Blog拝見させて頂きましたが、
お若くて羨ましい限りです。
宜しければ 又のご訪問を。。。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月27日 (月) 17:14

八ヶ岳!!高速のバスの中からよだれたらしてずっと眺めてきたばかりです。またよだれでました。

投稿: neko | 2006年2月26日 (日) 22:16

しげぞうさま
ご来訪感謝。。
ジィ~ジ達グループで出かける理由の一つ。
二人で出かければ大概意見の相違で喧嘩になるから!!
(いい年しているのに…いつも結果は小生の負けですが)
でも気の合う仲間はいいですよね!助け合えるし。。
貴女にもバッシーさんや沢山の友達いらっしゃるように…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月18日 (土) 11:07

ジィ~ジさん、こんばんは!
相当出遅れてしまいましたが…(--;、レポート熟読させていただきました。とっても分かりやすくて、楽しい雰囲気がすごく伝わってきました。いいなあ~楽しそうだな~♪
やっぱり大勢で行くと楽しいですよね☆
しかし、あの雪崩の日だったとは。。。驚きました。もしかしたら、とは思いましたが…巻きこまれなくて本当に良かったですね。
続きも楽しみにしています♪

投稿: しげぞう | 2006年2月17日 (金) 23:04

heppocoさま
お気遣い有難うございます。
丁度 救助活動の真っ最中で結構大騒ぎ状態でした。
過去1月に何回か?雪崩発生箇所の近くを通過したこと
有りますが、気象条件に依り、何がおきても…
仰る通り、山岳遭難・事故に遭わない様にお互い
気を付け、山に対峙したいものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月16日 (木) 07:45

まさか、あの雪崩事件の時に赤岳にいらっしゃったとは!
御無事で何より、本当に良かったです。
最近、ブログで山好きの方々と知り合いになれたこともあり、
以前より、山岳事故に敏感になりました。
「誰か知っている人だったら・・・」と思うとヒヤヒヤします。
雪山の恐ろしさ、やっと現実に感じるようになりました。
気をつけなくちゃいけませんね。本当に。
後半も楽しみにしています。

投稿: heppoco | 2006年2月15日 (水) 22:39

  ☆危険性は一杯です。

to ビスタ〜リさま
救助隊3人程ヘリからぶら下がって現地に向かったり、
小屋には電話がジャンジャンかかってくるし、ホンと
騒ぎでした。ジィ~ジ冬場に数度硫黄岳方面利用していますが、
赤岩の頭付近は、勝手にROUTE付けしたり出来るので、
状況に依っては、危険大ですネ!危険予知訓練必要です。

to sanaeさま
ご多忙なところCOMMENTアリガトウございます。
気象条件に依り、危険性は確実に異なりますね!
お説の通り、事故に遭わないように気を付け。少しでも
永く山を通して、人生楽しみたいものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月15日 (水) 16:48

ついに八ヶ岳に行かれたのですね。
雪崩のとき輝ジィ~ジさんは?と思いつつ、大丈夫そうと安心していたのですが、お一人犠牲者がいらしたのですね。新宿の単独男性ということでしたが・・・
お気の毒でした。
八ヶ岳もけっこう降っていたのですね。
だいぶ以前、文三郎でも雪崩で亡くなったことがありましたね。
詳しいことははっきり憶えていませんが、ここを登ったときも緊張しました。
振り返ればいろいろな山で、そういう危険性のあるところを歩いたことがあるのを思い出します。
そこを通ざるをえないときは冷や冷やですよね。
これからもお互い事故に遭わないように楽しみたいものですね。
後編を楽しみにしています。

投稿: sanae | 2006年2月15日 (水) 14:07

いよいよ八ヶ岳ですね!
あの雪崩の起った日に入山でしたか!
いや巻き込まれていなくて幸いでしたね。
かなり騒然としていたのでは?
赤岳鉱泉の食事、凄いですよね〜。
私が泊まった時はサンマと鍋でした。
後編も楽しみにしたいます。

投稿: ビスタ〜リ | 2006年2月15日 (水) 12:23

赤鬼さま
???何の事!!!
ジィ~ジそれ程悪趣味で有りませんから ♪
寧ろ災難で、お気の毒でした。
是に懲りず又 出かけましょう。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月15日 (水) 08:28

後編を見るのが恐い。先手をとってメールで皆に知らせたよ。

投稿: 赤鬼 | 2006年2月15日 (水) 07:01

to山いろいろ さま
4,5年前の1月に地蔵尾根コースから登った事も有ります。最後の地蔵仏手前が、かなりの急登で、天望荘から山頂までも結構時間かかるので…地蔵尾根の方が難儀かも
更に、間違いなく雪崩の危険性は大です。
文三郎尾根が一般的だと思います。
来年の正月こそ(鬼が笑う?)

toもうぞうさま
寒さ対策(-20℃強~)とアイゼン、ピッケルが少し使え、
注意して行けば、何とか…但し、好天の条件付きですが。 

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月14日 (火) 21:02

厳冬の八ヶ岳ですか・・・
夢の夢ですわ。
夏に行ったことありますが、山頂小屋は展望最高でした。

投稿: もうぞう | 2006年2月14日 (火) 20:02

アプローチの様子がよく解る、いいリポートだと思います。
遭難のニュースが流れたんで、心配していました。
地蔵尾根と文三郎と、どちらが難易度高いんでしょう?
続編も詳細レポートお願いします。

投稿: 山いろいろ | 2006年2月14日 (火) 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/8646792

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しさ体験 八ヶ岳 (前編):

« ここ暫く… | トップページ | 厳しさ体験 八ヶ岳 (後編) »