« 厳しさ体験 八ヶ岳 (後編) | トップページ | モンスター求めて(西吾妻山) »

2006年2月24日 (金)

越後新潟 里山の雪

週の始めから、2月にしては珍しく、好天続きの新潟です。
流石の当地でも彼方此方に、春の息吹を感ずるようになってきました。

19日 晴れ 同行者 相方
お天気が良いのに、仲間と遠出の約束も無く、勿体無いので二人で、近場の里山へ行く事に。

目的  大蔵山 864m.~菅名岳909m.と決める。

7時半自宅出発
二人だけなので、特別な仕度も不要です。ビール1缶と行動食に、水とお湯、あとは防寒衣類程度。

8時30分ー35分 コロニーいずみの里 150先駐車場
車は、30台弱、ほぼ満車状態。
丁度 山の会の、新津在住Tご夫妻が出発準備中。 「ヤァヤァお早うございます。思いは同じでしたね!」と挨拶を頂き、 「お先に…」と出発される。
早速我々も鋲つき長靴に履き替え、出立です。

車止めのゲートから先は、沢沿いに三五郎林道を約、10分弱要します。

8時45分 尾根コース登山口18219_002
登山口にはコース案内表示板






18219_003 愈々登りはじめる相方

ここから、杉林の一寸した急登の始まり。
途中の山の神に両手を合わせます。
植栽された杉の保安林の中を電光型に高度を稼ぎます。正直ジィ~ジこの辺りの杉林、あまり好きになれません。(建築材の杉は、良いけど…)

9時15分 2合目
漸く、杉から楢に代わり、そしてブナの林に変わり、緩やかな気持ちの良い登りが続きます。

9時42分 5合目
様々な枝振りのぶなが林立する、なだらかな登りが続きますが、このあたり、ガスが出ると広いので結構方向を見失う、危険性を潜んでいます。
18219_012
山頂は、お天道様に照らされ輝いています。頭上から解け始めた海老の尻尾の氷塊が、音を立てパラパラと落下したきます。

10時27分 大蔵山 山頂
歩き始めて約2時間弱で山頂です。休んでいる人、先を行く人いろいろです。
18219_016
積雪3m.弱?山頂先の小さな避難小屋は雪の下に隠れ、見えません。
時間も早く、当然先へ向かいます。五頭山塊・飯豊連峰・粟ヶ岳方面…360度の眺めは、素晴らしい目の保養になります。
18219_020
18219_022
モデル?相方
18219_027
飯豊の山々も…

11時27分 菅名岳 (909m.) 山頂
大蔵山から約1時間の、雪上尾根稜線漫歩。堪えられません。。
18219_038
山頂の鐘。飯豊連峰指呼。
飯豊の右には、西吾妻連山そしてかの磐梯山も望めますが、残念な事に、我ポンコツデジカメでは一寸無理。
たった1缶の500ビールを回し飲み、ツマミと、行動食の菓子パンで小腹満たします。
結構暖かく、出来る事なら昼寝をしたい位の上天気。

通常は、ここから尾根経由で、そして途中から、ム沢に下り、地元では、寒九の水 で有名なドッパラ清水を辿って下るところだが、今回は、あまり逆コースを選択した事が無いので、敢えてもと来た道を戻る事に。。

11時55分 菅名岳 発
思う存分眺めを楽しみ下山開始。
18219_041
往路でも気になったのですが、ROUTEを切ってくれた先達の方に、失礼かも知れませんが、かなり雪庇に近接しすぎているような気がしました。雪庇を避け、進む相方です。
18219_031
眼前には、越後の山々。粟ヶ岳から全国の根強いフアンを惹き付ける、秘境?銀次郎・銀太郎・青里岳・五剣谷岳そして盟主矢筈岳の川内山塊です。
18219_044 

まだ昼過ぎ 、登山者も後を絶ちません。
山の会で、懇意にしていただいている、新津のK先輩も(もう直ぐ80歳)三脚立てて、撮影中。

12時45分 大蔵山
菅名岳から50分で大蔵山 着。
ここまできたら、トットコトットコ下るだけです。

13時05分 5合目
18219_047 下りは早い。
 膝痛めない程度に急ぐ。





13時55分 駐車場 着。

往復の歩行時間約5時間。素晴らしい眺望と、純白の雪上満歩と気分爽快な半日となってくれました。
「帰りは、どこかで旨い物を食べるか!」と言いながら、とどのつまりは、帰宅後に有り合わせで、遅い昼食となりました。

付) 
大蔵山 864m. 標高差 約800m.
            所在地 五泉市
            最寄の駅 JR磐越西線 猿和田駅(徒歩50分)
            三五郎山・風越山等と共に、菅名山塊の1峰

菅名岳 909m. 標高差 約850m.
            所在地 五泉市 東蒲原郡阿賀町
            最寄の駅 JR磐越西線 猿和田駅(徒歩50分)
            阿賀野川が新潟平野に入ると、五頭山塊と
            菅名山塊と、南北に分断。

              

|

« 厳しさ体験 八ヶ岳 (後編) | トップページ | モンスター求めて(西吾妻山) »

登山」カテゴリの記事

コメント

しげぞうさま
COMMENT有難う。。
新潟の里山、雪の季節割と遊べるところ
それなりに在るんですよ!!
100名山終わったら遊びがてら、是非いらっしゃい。
吾妻間違い2,3日で,先ほど戻りました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年3月 3日 (金) 18:51

遅ればせながら拝見しました!
キラキラ雪の稜線、、、ステキすぎます!!!
25日は、私たちは飯豊を反対側から見ていたわけですねえ。ジィ~ジさんと同じ山を見てたんだ、って思うとちょっと面白いです。

吾妻山は明日からでしたっけ?気をつけて行ってらしてくださいね☆彡

投稿: しげぞう | 2006年3月 2日 (木) 20:51

山いろいろ さま
そろ~っと山さまの奥方も再DEBUTなさったら(*^_^*)
25日小生、石打丸山で娘夫婦と待ち合わせ、孫娘の
スキー学校の授業風景見学&下の孫娘の面倒で、
橇遊び…飯志や八海・巻機方面快晴で、来い来い
と手招きしていましたが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月27日 (月) 11:03

sanaeさま
COMMENT有難うございます。
地方に住いしていますと、ラッシュにも遭わず、
適当に出かけられるMERITは有るかもしれません。
これから暖気が続くと、ご指摘のように雪崩発生の
危険性も出ます。低山だからと言って安心禁物。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月27日 (月) 10:56

まゆ太さま
安達太良の記事見させて貰いましたよ!
行動範囲広く取れるのは、若さの特権です。
阿賀野川下流に向かい(新潟方面)右側が
五頭山塊そして左側が菅名山塊です。
両方とも、高度は1,000m.弱の手頃な山です。
麒麟山温泉なんて良く知っていますね!!
鄙びた宿が数件の、失礼ながら新潟でも比較的
マイナーな温泉ですよ。ある意味情緒が有るでしょうが。。
阿賀野川の船下り、紅葉時綺麗です。ぜひ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月27日 (月) 10:50

kurimammyさま
雪山で、天気に恵まれると、誰でもそれなりに
撮れますね!それだけ自然の造形が人を惹き付ける
という事でしょうか。ただ雪庇は馬鹿に出来ません。
注意しないととんでもない事に。。
土曜日でも有り、〝吉清水〟水汲みの車10数台で、
大混雑でした。
あの辺り、平日車上盗時々出るらしいです。
困ったもんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月27日 (月) 09:20

赤鬼さま
ジィ~ジ達、石打丸山で娘一家と待ち合わせ、
孫娘のスキー学校での様子、見学としたの孫の
面倒見。。天気が良く、八海山や飯志山が…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月27日 (月) 09:11

もうぞうさま
じぃ~じ銀次郎・銀太郎辺りは、行っていますが、
藪山は、あまり…仲間で矢筈日帰りしたとか、クリアーした
会友結構居ますよ!登山者多くなったので、其の気になれば。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年2月27日 (月) 09:06

25日の五頭山で新津在住のTさん夫妻に会いましたよ。
他にもTさん夫妻やKさん夫妻にも。
皆さん、仲の宜しい事で。(^^ゞ

投稿: 山いろいろ | 2006年2月26日 (日) 21:26

溜息が出るような雪山風景・・
すばらしいですね~
今シーズンは大雪で大変でしたけど、こういう風景も楽しめるんですものね。いいな~~~~(^-^)
地元なればこそのお楽しみですね。
雪庇とこれからは雪崩に要注意ですね。

投稿: sanae | 2006年2月26日 (日) 21:10

輝ジィ~ジさま、こんにちわ!
またまた遊びにやってきました~
雪がと~ってもきれいですね。まっしろ。
ホイップクリームみたいに。
空とのコントラストがたまらなくすばらしいっ。
本物はもっともっときれいなんだろうな~♪
昨日は本当に天気がよくって、まゆ太は安達太良山へ行ってきたのですが、新潟の方のお山まで見えたそうです(と、頂上にいた方々がおっしゃってました。まゆ太は遠くの山がどれとどれなのかわかりませんでした)。

大蔵山・菅名岳とは、阿賀野川の近くなのですか?
阿賀野川って、有名な温泉がありますよね?麒麟山とか。
山をはじめるまえから、ずっと行ってみたいな~と思っていたんですが、まだ行けてません。阿賀野川の冬の景色、きれいなんでしょうね~。雪のあるうちに行こうかな~

投稿: まゆ太 | 2006年2月26日 (日) 15:38

書き忘れましたが・・
多分 輝ジィ〜ジさんが車を止められた近くかな〜と思ったのですが
吉清水 までよく水を汲みに行っていました
そして・・車上狙いにあったことも・・(^-^;

投稿: kurimammy | 2006年2月26日 (日) 13:13

ため息の連続の写真でした
一緒に自分も登って歩いている気分でした(^-^;
>雪庇を避け、進む相方 の所では 私も手に力が・・(苦笑)
お二人で同じ趣味をお持ち いいですねぇ
このように過ごせたら幸せですね

>菅名岳  と聞いて 「寒九の水くみ」をテレビで見た事思い出しました

投稿: kurimammy | 2006年2月26日 (日) 12:46

天気よくて良かったねえ。今日はおいらは五頭に行ってくらあ。あれ以来初めての山行じゃ。

投稿: 赤鬼 | 2006年2月25日 (土) 07:05

いや~良い天気で・・・
輝ジィ~ジさまも、川内山系 矢筈岳青里岳などに登られた事が、お有りなんでしょうか?

投稿: もうぞう | 2006年2月24日 (金) 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/8814132

この記事へのトラックバック一覧です: 越後新潟 里山の雪:

« 厳しさ体験 八ヶ岳 (後編) | トップページ | モンスター求めて(西吾妻山) »