« お散歩 角田山 | トップページ | 新潟古町演芸場 »

2005年12月11日 (日)

餅搗きの時季です。

年の瀬、師走。今年も本当に残り少なくなってしまいました。
時間の経過が、殊更早く感じられる、今日この頃です。
所属するNPO法人〔新潟愛郷会〕では、昨年に引き続き、12月6日(火)新潟市白新地区コミュニティーセンターを借用し、「環境と農業研究会」のメンバーが中心に、約50名参加。≪餅つき大会とおこわ試食会≫が、開催されました。
まずは、お勉強です。
講師は、永年有機米栽培に取り組んできている、
新発田 加治川村自然農法研究会 会長 川崎孝一氏です。
最初に、 理事長挨拶です。
引き続き、川崎講師の講演
      ① 有機米栽培の苦労点と問題点
      ② 国の農業政策の方向性
      ③ 此れからの農業経営のあり方
等々の内容です。参加者殆どが、農業に対しては、門外漢ですが、熱心にメモを取ったりし、拝聴。
 付) 氏の栽培減農薬米は、ホテルオークラ、帝国ホテルで、4-500㎏/月夫々使用されている。
    有機無農薬米も東京方面他、引く手数多との事。

一方、隣の食堂・キッチンでは、お手伝いの方々が、もち米を蒸篭で炊き上げ、黄粉、大根おろし、新発田・阿賀地区の雑煮の段取り…を懸命にやっています。

小一時間の講演が終わり、
理事長から、併設の『ディサービス』入所者の皆さんに、事前に用意された、減農薬もち米の、赤飯おこわ の贈呈です。(餅で喉を詰まらせると、大変なので…)

そして、講師 川崎さん持参の、臼と杵で餅つきの開始です。
昔取った…何とかやら? 希望者がついてみますが、なかなか良い音出ません。何でもそうでしょうが、永い経験に裏付けられた、know-howが厳然と存在します。そう簡単にはいきません。本職の川崎さん主体に、二臼つき、黄粉餅、大根おろし餅(ジィ~ジのリクエストで昨年から定番に)、新発田・阿賀地区のお雑煮(野菜と肉のシルにクルミのとき汁を溶かす)として、さらに赤飯おこわお結びが、参加者に振舞われました。
餅に目が無い、大食漢のジィ~ジは、他人さまの3倍位食べ、大満足でした。(クルミとき汁雑煮初体験、美味かった)

12_001 開会の挨拶、長谷川理事長
 隣の白衣 川崎講師。

 



12_007
 川崎さんの、餅つき

|

« お散歩 角田山 | トップページ | 新潟古町演芸場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おすぎさま
こちらこそ色々世話になりました。
とても楽しく、又 新しい知識も沢山得ることができました。
来年も、お互いに、もっと頑張りましょう。
おすぎチャンの様な、若い世代の人達に、もっと知って貰うよう、
更に参加出来る様な、仕組み・機会を作りたいですね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年12月15日 (木) 09:28

おはよぅございまぁす☆彡
とぅとぅ新潟愛郷会が実名でのりましたね<^!^>
宣伝ありがとぅございますm(__)m
つきたてのお餅・・・すごくおいしかったですね!
って私は何個食べたかなぁ~輝ジィ~ジはたくさん
食べたんですよね!多分、負けた(>_<)

昨日で愛郷会の年内の行事が終了しました。
今年もたくさん輝ジィ~ジにはお世話になりました。
来年も今年同様にヨロシクお願い致しますm(__)m

投稿: おすぎ | 2005年12月15日 (木) 08:53

COMMENT有難うございます。
出来れば、何時までも残して置きたい物って
有りますよね!!
近頃、立て続けに起きる残忍な事件…世の中
何処か、おかしな方向へ進んでいるような
気がします。
本来の有るべき姿、壊してはいけないもの。
皆で見つめ直す時季では無いでしょうか?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年12月14日 (水) 22:02

木の臼で餅つき 昔はお正月前になるとどこの家からも 餅米を蒸すいい匂いがしてきていましたね
そして ぺったんぺったん とかけ声 一家総出での年末行事
あの頃は・・

昔私が勤めていた職場でも 御用納めの日 給食室の前で餅つきをしていました
今もやっているのかな〜

今はどこかのイベントなどでしか木臼で餅つき見なくなりましたね
だんだん 古き良き事がなくなっていきますね
餅つきでいろんな事思い出しましたρ(。 。、 )

投稿: kurimammy | 2005年12月14日 (水) 14:43

赤鬼さま
全く同感です。今の子供たち可哀想!
有機栽培手間掛かる割りに、反当り収穫量少ないので、
農家やりたがらない…
今の時代、全てcommercialbase。〝ゆとり〟欲しいもの。
地球環境にも貢献できるんですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年12月12日 (月) 10:16

餅、旨いよねえ。若い頃は馬鹿にして、くわなかった。
(酒ばっかり飲んでいた)年をとったら食べるようになって、鍋の後など必ず餅で仕上げる。ポン酢で食べる餅もおつなもの
減農薬栽培大変だろうなあ。偉いよねええ。皆がやれば昔の
ように鮒や泥鰌、とんぼ、なんかも沢山居るようになるだろう
なあ。子供の頃これらを追いかけて泥んこになって、母に
叱られたのを思い出す。

投稿: 赤鬼 | 2005年12月12日 (月) 06:50

heppocoさま
ジィ~ジ子供の頃、本家で暮れには、親戚総出で鏡餅、伸餅と、
何臼もつくのが常で、その折には何時も、大根おろしで、
つきたてを食べるのが習慣で、その記憶が何時までも、
忘れられないのです。
因みに、餅出荷は、新潟県が全国の約80%占めているとか…
小生煮ても焼いても、大好物なんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年12月11日 (日) 22:04

大根おろしとお餅、大人になってから知ったのですが大好きです。
「餅つき」もう何年もナマで見ていません。
もちろん実際やったことも・・・・
流石「お米の里」ですね。

投稿: heppoco | 2005年12月11日 (日) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/7568226

この記事へのトラックバック一覧です: 餅搗きの時季です。:

« お散歩 角田山 | トップページ | 新潟古町演芸場 »