« 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 | トップページ | 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 »

2005年11月12日 (土)

里山へ

飯豊連峰の雪景色でも見ようか!とO夫妻と4人で、焼峰山(1,086m.新発田市)へ向かったが、途中雨がポツンとフロントガラスに当たり意気消沈。でも折角家を出たのに、戻るのも…さて、どうする?雲の流れを見ながら、比較的大丈夫だろう、と選んだのが、先日地元新聞に紹介されていた、【荒川、剣龍峡】 20数年前子供達がまだ小さい頃、剣龍峡は行った事が有るが、そこから先の荒川山へは行った事が無い。

10月30日(日)曇り1時晴れ
剣龍峡は、R290 沿いに、月岡温泉から約5km.車で15分位。五頭県立自然公園の北端に位置し、大きな石畳の岩石とその岩間を流れる清流、また周辺の鬱蒼とした杉木立や広葉樹に覆われた自然の公園である。
10_30_014
そこには、ハイカーやファミリーの為の、東屋と休憩用のベンチも設置されている。
また新しいルートの概念図も立てられてある。また剣龍峡の由来案内板も…
10_30_002
ここから、一の坂、二の坂、三の坂と一寸した登りをつめれば台地になり、地域信仰厚い『山の神奥の院』の祠が鎮座されている。
これから先、杉林や広葉樹林、ブナに囲われた緩い尾根道の登りが続く。
途中でクリタケGET!!
やがてスズメノロ展望台に、…更に地元ボランティアにより整備された、木道階段を進むと、540m.焼山到着。
10_30_004

晴れていれば、日本海沿いに鳥海山、朝日連峰、北東に北股岳、飯豊山、御西岳、大日岳、手前に 二王子岳、南方には五頭山の山並、西には越後平野と佐渡島… 絶好のviewpoint らしい。。。

焼山の頂上から少し下り、約20分弱で ムサワ へ出る。 更に5分ほど進めば、唯一の水場 堀切にでる。そこにはアルミ梯子がかけられている。ここからすこし急登となって20分弱で 荒川山の最高峰 コマタ(630m.)山頂到着。 ここから藪を分ければ金鉢山へ行けるが、一般登山者は通行禁止。今日はここで休憩。。ユックリ休んで稜線のアップダウンを繰り返し、 ハリ沢の鎖場 に到着。雨の時は滑るかもしれない。ここを過ぎれば、平坦な道になり 穴マクリの展望台 ここから眼下に、内の倉ダムが現れ、二王子岳、焼峰山、更にに飯豊の山々が見えるらしい。。。  
10_30_010 10_30_011 10_30_008        こんな感じ…
これから先は、欅やブナの大木をみながら、花の木平そして上藤沢へと、落ち葉を踏んで気持ち良く進み、やがて15分弱で、花の木平登山口へ到着。段々天気が良くなってきた所為か?逆コースからの登山者とも多数すれ違った。ここからはアスファルトの広域基幹林道で、剣龍峡Pまで30分のアルバイト。ムカゴを採取しながらユックリユックリ下った。
登山の範疇には入らない程度の、ユッタリ4時間弱の一周トレッキングコースだが、晩秋の里山歩きも、それはそれ 結構良いもんだ!と思った。地元紙にも数日前、記事として載った影響も大きかったのか?また少しずつ天気が回復した為か?Pは満車状態になっていた。

|

« 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 | トップページ | 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 »

登山」カテゴリの記事

コメント

kurimammyさま
COMMENT有難うございます。元々アウトドア志向でしたが、
【山】へ惹きこんだのは、相方なんです。
でも何時も2人だけで出かけると、喧嘩が絶えなくて(笑い)
だから、会に所属したりして…
ご承知のように越後は冬が長いので、どうしても簡単な冬山は
やらざるを得ない?(遭難しない程度に)
写真小生センス無いんです。教えてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年11月15日 (火) 06:47

山登りできる方が羨ましいです
ご夫婦で同じ趣味を持たれていていいですね(⌒_⌒)
ここにきて山のすてきな写真が見られてうれしいです
良いお写真ばかりです
冬山も登られるのですか?

投稿: kurimammy | 2005年11月15日 (火) 00:17

落ち葉踏みしめ、ノンビリと、たまには良いもんですよ。。
天気が良ければ、Locationから見ても、多分眺めは良いでしょう。
五頭山塊端の金鉢山残雪期に行きそびれました。
金鉢山クリアーすれば、五頭連峰赤線引き出来たんですが…
今は、一寸藪ですが、残雪期でなくても、登れるみたい。。
機会を見て、出かけましょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年11月14日 (月) 19:35

ウワサの(笑い)剣竜峡データありがとうございました。記事と案内板の地図でよくコースが分かります。
なかなか楽しそうなコースですね。いずれ歩いてみたいと思います。

投稿: 山いろいろ | 2005年11月14日 (月) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/7057119

この記事へのトラックバック一覧です: 里山へ:

« 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 | トップページ | 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 »