« 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 | トップページ | 男体山   ≪山行録≫ »

2005年9月21日 (水)

日光白根山  ≪山行録≫

相方の都合で、3連休フルに利用できなくなった。2泊3日の縦走を計画していたのだが…
それでは2日間何処にしようか?ジィ~ジの案で、“先回 那須へ行ったのだから、ついでに今まで登ったことの無いシリーズにしよう。那須の近くといえば、同じ火山帯の日光白根山、男体山があるから、天気もよさそうだし行ってみよう。”に決定。どうせ2人だけで出かけるのだから、準備も簡単。

9月17日(土) 晴 (参考コースタイム 約6時間)

6時新潟西ICから関越道を沼田ICに向かって、出発。途中、長岡~六日町間の震災復旧工事で、速度規制が有り、通常よりかなり時間を費やす。今回は、出費をケチって?丸沼高原ゴンドラを利用しないで、菅沼登山口から登ることにする。9時15分頃、菅沼茶屋の広い駐車場に到着。登山道Pと両側には既に、全国からバスも含め、殆ど満車状態、辛うじてスペースを見つける。時間的には1番遅い出発である。

(9:30)菅沼登山口ー(11:00‐11:10)弥陀ヶ池ー(11:25)七色平分岐ー(12:07‐13:00)白根山山頂ー(13:37-13:50)避難小屋ー(14:00-14:15)五色沼ー(14:35-14:40)弥陀ヶ池ー(15:45)菅沼登山口  実質歩行時間 約4時間40分

【白根山登山口】と、大書された大きな黒御影の標識の脇の平らな道を進むと、直ぐにルート案内板に突き当たり、そこから右折し、ミズナラ、ダケカンバの明るい、なだらかな樹林帯を進むが、尾根に取り付く頃から、序々に傾斜もキツクなり、ジグザクに高度を稼ぐ。道は足場も良く、特に神経を遣うようなところも無い。オオシラビソの樹林帯の中を進み、座禅山の裾を巻くようになると、明るくなり、目の前に淡緑色の水を蓄えた弥陀ヶ池が現れる。背後には形良く、白根山が堂々屹立している。池の木道にはシラネアオイの保護の為、柵と放電線が巡らされている。池の畔には写真を撮ったり、多数のハイカーがくつろいでいる。我々も一寸一服。

_003

弥陀ヶ池と白根山

弥陀ヶ池から10分足らずで、ロープウェイから七色平経由の登山道と分岐に出る。あとは山頂まで、火山礫の赤茶けた急登のガレ場を,40分程登る。危険箇所は無いが、踏み跡も沢山有り、岩ももろく、おまけに多数の登山者がいるので、落石だけは充分注意が必要だ。(かなり無神経に上り、下りしている登山者多数)最後の急登を詰めれば白根山山頂 (2,578m.)。山頂は大きな岩で標識が立っている。

_012

山頂では、交代で記念写真を撮りあっている。脇の広場では、全国からの多数の登山者で大賑わい。丁度お昼時でも有り、銘々盛り上がっている。我々もビールで乾杯。富士山やアルプスは望めないものの、燧ケ岳、皇海山、大真名子、小真名子、女峰山、太郎山、男体山、…那須の山々、眼下には弥陀ヶ池、五色沼等々眺めは頗る良い。。

ユックリ眺めを堪能し下山だ。しかし同じルートを採るのも味気無い。そこで奥白根神社の小祠に手合わせ、五色沼へ下りることに。避難小屋まではザレ場で傾斜もキツイ。足が潜りそうで嫌な下りだ。小屋まで下れば樹林帯。鹿が2頭近くまで寄ってきた。小屋から五色沼までは至近の距離。弥陀ヶ池よりかなり大きい。時間余裕も有ったので、池を半周ほど回ってみた。水は澄み綺麗だ。ここからの白根山も絵になる。本当は前白根、五色山金精山そして金精峠へ下る予定でいたが、避難小屋を通り過ぎてしまった為、弥陀ヶ池経由での下山とし、4時前に菅沼登山口に到着。。。_018 _021 _024

 

 

      *日光白根山 奥白根とも呼ばれ、関東以北で一番高い山。
日光火山群の最高峰。群馬・栃木県境に位置する。
山頂には幾つかの火口跡が残っている。
最近では昭和27年(1952年)噴火が観測されている。

総評(私見)

始めて登ってみたが、素直に眺望は素晴らしい。富士山、北アルプスが見えれば、文句のつけようが無いだろうと思う。只 登山対象としては前白根・五色山・金精山へ回るとかしないと、少し物足りないかも…
ファミリー登山やツアー登山者多く、落石に注意を要すると共に、山頂直下は相当道が荒れているのが気懸りだ。
シラネアオイ物々しい保護施設必要なことは、モラルの問題で残念だ。(鹿害防御もあるだろうが)

|

« 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 | トップページ | 男体山   ≪山行録≫ »

登山」カテゴリの記事

コメント

まゆ太さま
TB有難うございます。
ジィ~ジここ2週間山とご無沙汰なんです。
娘が孫連れ2週間、珍しく倅夫婦がオシムジャパン観戦序でに
3日間、山は行けなかったけど、賑やかな毎日でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2006年8月17日 (木) 07:41

輝ジィ~ジさん、TBありがとうございました。
昨日の早朝、北アルプスから自宅へと戻ってまいりました~。輝ジィ~ジさんもどちらかへお出かけ中ですか?
奥白根の記事、拝見させていただきました。
わたしが登ったときも、富士山が見えなかったのが、ざんねんでした。でも、頂上からの展望は本当に素晴らしいですよね。弥陀ヶ池から頂上への道、わたしは下りにつかったのですけど、たしかに落石注意!の道でしたね。

投稿: まゆ太 | 2006年8月17日 (木) 07:12

赤ワインさま
お早うございます。COMMENT有難うございます。
シラネアオイお好きなご様子。越後の山、福島の山、或いは
谷川連峰三国山から平標山へのrootとか、
いろいろ時期にマッチすれば沢山見れます。
特に飯豊の一部では畑のように…是非見
に来てください。
小生の6月記事、蒜場山。7月の天狗角力山。にも写真載せました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年9月25日 (日) 05:27

輝ジィ~ジさんコメントありがとうございます。
日光白根山、晴れていて良かったですね。私が登った時の頂上はガスがかかっていて眺望は望めませんでした。シラネアオイを見たくて行きました。山の名前を頂いたような花なのに二株だけしか見れませんでした・・が、帰りに湯の湖近くの牛乳のように白濁した温泉はよかったですよ~☆

投稿: 赤ワイン | 2005年9月24日 (土) 23:12

もうぞうさま
残念でしたネ!でも夫々の山にはみんな良いもの有りますから、
是非またお出かけ直してください。山が、もうぞうさまの再訪されるのを
待っていますよ。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年9月22日 (木) 06:38

山いろいろさま
何かイベントでも有ったのでしょうかね?羨ましい。
キノコ汁付きとは…
車中泊の場合、場所選定に困ります。又の機会に
参考にさせてもらいます。貴重な情報有難うございます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年9月22日 (木) 06:32

もうぞうが登った時は、なんにも見えなかったですよ。
まったく。
例によって、楽なゴンドラからのコースでした。でもここはあんまりゴンドラのおかげがないようですね。お金だけが損した印象だったですよ。

投稿: もうぞう | 2005年9月21日 (水) 20:43

同じコースを登りました。五色沼が綺麗だった事をよく覚えています。
下山後、丸沼高原ゴンドラ駅内の温泉に入ったら、何故かロハでした。おまけにキノコ汁まで振舞ってくれて。
なお、このゴンドラ駅の駐車場はテン泊OK、夜中もトイレ使用可。洗面所はお湯も出ます。(飲用不適ですが・・)

投稿: 山いろいろ | 2005年9月21日 (水) 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/6039491

この記事へのトラックバック一覧です: 日光白根山  ≪山行録≫:

» 『奥白根山』 百名山41座目 [まゆ太の山歩き日記]
梅雨が明けてからというもの、週末は山歩きに全力投球。よって、平日は仕事と家事(と飲み会?)に追われ、すっかりブログ活動が滞っておりまして・・・(汗 少しずつやっつけたいと思います。 2006年7月23日(日)に単独で登った、まゆ太の百名山41座目となる奥白根山(日光白根山)の記録です。... [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 07:14

« 新潟市内の魅力と歴史探訪Part1 | トップページ | 男体山   ≪山行録≫ »