« 那須の山々 | トップページ | 谷川岳~茂倉岳  山行録 »

2005年9月10日 (土)

一寸自慢と宣伝を!!

先日 所属するNPO法人での勉強会に参加しました。

新潟市は2007年4月1日に日本海側都市で始めて、全国でも15番目の政令指定都市を目指しておりますが、此度の、勉強会の 演題は 新潟の花卉花木産業ーその歴史と現状 です。以下その講演内容から1部抜粋いたします。

 現在、全国シェア1位or注目される新潟オリジナル品目

  • チューリップ 球根生産・切花出荷とも市町村別全国1位 H17年県オリジナル品種1種開発。
  • アザレア   出荷販売額全国1位 新潟オリジナル品種5種以上
  • ボケ      出荷販売額国1位 オリジナル品種多数。    *旧 小須戸町主体
  • 雪割草    出荷販売額全国1位 オリジナル品種多数
  • クリスマスローズ 木口(きぐち)オリジナル全国で注目されている。
  • 宿根草の一部 新潟オリジナルとして種苗登録品種5種以上。

   等々頑張っています。

 主体は旧2市1町 つまり旧新津市、旧白根市、旧小須戸町である。新潟市の皆さんも何かの折に触れ、宣伝PRして、側面的協力をしてみたいものです。

   雑  「花卉」 かき ==広い意味:観賞用植物と言う意味での総称 狭い意味:観賞用草花と言う意味

   雑  旧2市1町における花卉園芸の歴史

  1. 起源は江戸時代=明和の頃(290~300)年前
  2. 明治時代 投機的植物栽培も ex ヤブコウジ、万年青、タチバナ等
  3. 戦前 日本で最初にチューリップの球根栽培を始めた地域 (対米輸出)
  4. 戦後の生産・取扱い品目の変遷

  チューリップ(球根)、アザレア、ボタン(花木)→40年代チューリップ、サツキ、アザレア、石楠花→50年代チューリップ、ユリ、アザレア、石楠花、→現在ユリ、チューリップ(輸入球も)、アザレア、石楠花、山野草ガーデニング用宿根草、

 新潟市まだまだ 沢山の日本一が有ります。田園型政令指定都市を目指すこの機会に、ビジネスチャンスにつなげて欲しいものです。

            

 

 

|

« 那須の山々 | トップページ | 谷川岳~茂倉岳  山行録 »

新潟」カテゴリの記事

コメント

はどそんさま
COMMENT有難うございます。
新潟はアルビレックス以外全国的に名を馳せるものは
有りません。新潟の活性化の為にも、色んな知恵を結集して、
全国に向け、発信したいものですネ!
全国的に、定住人口が減少化しているので、活性化の為には、
他所の地から、遊びに来て貰うような、つまり、交流人口の増加を図らねばなりません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年9月12日 (月) 11:00

新潟はPRベタですよね。
富山県砺波のチューリップ祭りのような大・大々的なイベントがほしいです。なつかしの新潟遊園のチューリップ・・。

投稿: はどそん | 2005年9月12日 (月) 09:00

もうぞうさま
何時も有難うございます。
お説のチューリップの件ですが、県単位では
富山県に一歩譲っているようで、飽くまで、【市町村単位】で、
と言うことです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2005年9月11日 (日) 20:42

新津や小須戸地区及び白根地区の一部では、確かに花卉栽培が盛んですよね。
しかし、チューリップのことですが、富山が良くTVに出るんような気がします。
「角田のお山は」で触れておられたように、新潟が表に出ない!
「NHK新潟」は、もっと頑張って欲しいです。

投稿: もうぞう | 2005年9月11日 (日) 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/5877361

この記事へのトラックバック一覧です: 一寸自慢と宣伝を!!:

« 那須の山々 | トップページ | 谷川岳~茂倉岳  山行録 »