トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月24日 (金)

岩室温泉冬妻(ひよつま)蛍

6月22日(水)、所属しているNPOの事業の一環として『岩室温泉冬妻蛍鑑賞と老舗旅館での会食』に参加。総勢50数名(内 ご婦人約90%)で夕方出発。目的は田園型政令指定都市新潟を目指す新潟の魅力を探訪・確認し、更にできれば其れを全国に向け、発信することである。5時30分老舗≪T家≫に到着。流石に国の有形文化財指定の建てやでもあり、棋聖戦を始め、囲碁・将棋戦で利用される訳が納得できる。一風呂浴び、参加費の割りに贅を尽くしたミニ会席に飲物付き…と大サービスで全員大いに満足。7時30分から目的の岩室冬妻(ひよつま)蛍鑑賞に出掛ける。ジィ~ジは一昨年以来であるが、柄にも無く冬妻(ひよつま)と言う語感に 山間の温泉で世を忍ぶ薄幸の女人 とかイメージされ、妙に惹き付けられる。岩室神社を過ぎ、祓川沿いに進んで暫くするとピカッ・スーと夕闇に尾をひく蛍が散見され、更に上流へ進むに従い高い杉木立の中でキラキラ光っていたり沢に向かって飛翔したり数多く見られ、其の神秘な光に、彼方此方から見物客の感嘆の声が挙がった。ここでは多く見られる日は約1,000匹近くの源氏蛍が飛び交うとの事で、地元の、ほたるの会の会員が保護維持にあたり、またシーズン中は案内・説明等に努めて居る。それほど地元にとって還元されるものはあまり無いと思えるが、熱心さには頭が下がる。でも地道な努力は何時かはきっと実るのではなかろうか?何故なら 1週間の命を只 水だけで保ち、子孫を残すべ、崇高な光の営みをするけなげな蛍を見た人々は、この感動を他の人達に伝え、きっと輪が拡がるだろうから…。どの見物客の顔も一様に優しく、穏やかに見えたのが印象的であった。この風情いつまでも後世に残して欲しいと願いながら帰路に着いた。満足と感動の夕べだった。新潟 ヤッパリ良い所ある。 (*^_^*) 残念なことは写真を撮れないことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

疲労困憊 鬼ヶ面から浅草岳(往復)

18日(土) 7時20分六十里越えトンネル手前からスタート。送電塔から毛猛連山を振り返り、急登を進み、マイクロ中継施設の広場へ、一寸一服。暫く平坦な道を進み、標識に従い右折し更に進むと、両側にはツバメオモト、イワカガミ。残雪と潅木の尾根道を進み、9時南岳着。鬼ヶ面の東面は鋭い岩稜が何本も只見沢に向かい、屹立し、残雪とマッチし壮観だ。鬼ヶ面山(1,465m)9時35分到着。コーヒータイムを取る。足元に注意しながら北岳そして狢沢カッチへ向かう。 アップダウンの連続で汗が吹き出て止まらないが、足下にはゴゼンタチバナ、マイズルソウ、シラネアオイ、咲きかけのヒメサユリ、またサラサドウダン…フラワーロードである。疲労の度合いが増して苦しく辛いが浅草岳も目前に迫る。あえぎあえぎ前山への最後の登り、漸くなだらかな残雪を踏み、乾いた木道を進み11時30分過ぎ、やっと浅草岳到着。ネズモチ平や桜ゾネから登ってきた県内外の先客が多数。同行の岳友と乾杯し、昼食とする。冷えたビールが殊更旨い。12時45分下山支度。下りは田子倉へ下ったほうが時間と、体力消耗の度合いが低い事は無論わかっていたが、田子倉へ下る登山者も居ないらしく、車を回していないので、往路を戻ることに…500ml.のビール2本が疲れた身体に効いているのか、歩き始めて直ぐ汗シトド。息切れもする始末。そこへ無数のブヨ。虫除けグッズも全く効果なし。汗っかきで長袖着ない性質。お陰で二の腕、こめかみ、目の周り、耳朶と為すすべなく刺されっぱなし。息切れ切れに登り返しの連続で何とか16時10分登山口へ。このコース今回で5回目か6回目だが、歩き甲斐が有り、キツイ。でも花と眺めは素晴らしい。下山は田子倉へ車を回し、往路を眺めながら下る方が体力的にも楽でもある。反省、只さえ虫の湧く時季、飲みすぎると、匂いと汗に群がってくる。 

総括 メンバーと天候にも恵まれ、達成感も覚え、充実した良き山行であった。


_010








狢沢カッチ付近


_011 ゴゼンタチバナ

_006 シラネアオイ

_009 浅草岳山頂直下

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年6月12日 (日)

ヤマボウシ

Jリーグナビスコ杯の素晴らしい内容の試合をTV観戦。見終わって家内と今年8度目の角田へ 山頂手前の長者塚脇の今が満開のヤマボウシに感動し、今日も再び角田へ 何度見ても飽きない。地には野アザミ?そして登山道の両側には踊子草、更に今日は始めてサイハイラン(采配蘭)も発見。角田は四季を問わず、いい山だ。

_002  ヤマボウシ                   

もし 宜しければ じぃ~じの「山と花の記録」 もどうぞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

もっとほかに無いの?

新聞・TV・週刊誌等マスコミが毎日騒ぎ立てている、 若&貴の確執 元凶は、或る週刊誌曰く 景子さん そして別の誌では、 憲子さん …とsensationalにこれでもか これでもかと書き立てていますが、イツまでネタが続くのでしょうか?兄弟横綱 名大関としての有名税で仕方が無いかも知れません。が…でも 資本主義社会の競争原理で理解はできるものの、売らんが為の煽り記事ばかりでは何時かきっと読者が離れていきます。仕事が馬鹿らしく疑問を抱くことになるかも… 小さな出来事でも世の読者が感動し、心が癒され、明日へのenergyが湧き出すようなニュースが必ず回りを探せば有る筈。最後に勝ち残るのはそんな記事を沢山提供できる出版社と思うのですが (一寸甘い考えかな?)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

惚け予防です。

今日は!皆さん。

時の流れに逆らうことは難儀なことです。でも精々自分なりにせめて少しでも長く現状の体力と知力?を維持出来れば…と願っている今日この頃です。年と柄にも似合わずミーハー的要素も有る老人予備生でありますが、なにせ元々、理数系全てが苦手で、理解力が乏しいくせに、偏屈で他人様から教わることが嫌いな性格なので、悪戦苦闘の連続ですが、残された人生で 今現在が1番若い の思いで頑張ります。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

蒜場山はキツイのだ!でも…

岳友のO夫妻と家内の4人で、蒜場山(1,363m)へ、加治川ダムへの県道は、未だ官庁検査が未完の為、途中の琴沢橋手前で遮断機が降りたまま。仕方が無いのでダム登山口迄 木の芽 を摘んだりしながら例年同時期より、小1時間の余分?のアルバイトを強いられ、7時半頃漸く登山口到着。即 急登に挑戦するが夕べの深酒がアッと言う間に汗に変わり、タオルをびっしょりに濡らす。9時過ぎ岩岳到着一休みとするがブヨ?がまとわりつき閉口する。アップダウンの繰り返しも途中のブナ林と残雪の彩りに励まされ、鎖場をクリアーし烏帽子岩へ、微風が肌に心地よさをプレゼントしてくれた。ここから先の1時間強の登りが疲労の蓄積できつく感じるのだ。でも行手道の両側はイワカガミ、カタクリ、ツバメ万年青、ニリンソウ 更に今が盛りのシラネアオイの群生…、更に残雪の飯豊の山並がが柄にも無く偏屈爺の気持を穏やかにしてくれる。山伏峰を過ぎ、11時10分山頂到着。先達は、お1人。まさに独占状態である。ただ直ぐにガスがかかり、飯豊連峰大日岳も隠れ始め、一寸残念。それでも昼食に1時間以上割き、12時15分下山を開始、天気予報通り、遠くで時折、雷鳴が聞かれ、ガスが深くなり、雨粒が当たりだし始め、雨具を用意する。それでもありがたいことにそれも一時で結局は雨具のお世話になるほどのことは無く、3時少し前にダム登山口へ戻ることが出来た。ダムの管理事務所の管理人の話では先週は50人ほどの登山者があった由。身体にきつかったがそれ以上の満足を貰って帰路についた。風呂上りの、夕食のビールと 木の芽 が旨かった。  _004                     

  白いシラネアオイ                                            

| | コメント (3)

トップページ | 2005年7月 »